Sooda!
 閲覧数:103
原子力発電所を設置する自治体には、多額の交付金等の援助があります。

今回のような原子力事故によって被るリスクを勘案した上での原子力受入れだと思うので、
いざ事が起きた場合には、そのリスクを受け入れた責任も負うべきではないのでしょうか?

ただただ、事故の被害者という立場とはやや違うものとなるような気もしますが・・・
===補足===
足りませんでしたので、補足します。

私が言いたかったのは、原子力発電所受け入れのメリット、デメリットを比較して、メリットを尊重して受け入れの判断をした場合において、デメリットが顕在化した場合、賠償請求などのあり方が他の被害者とのは違うのではないか?ということです。

今回の被害者の方が、加害者に要素があるのでは?と考えているわけではありません。

質問者:匿名希望
質問日時:2011-09-23 08:48:18
カテゴリ:ニュース・時事>社会


↓↓現在集まっている回答 1〜5件/13件中
確かにそうですね。この大事故の後からでも原発推進派の市長さん...詳細

回答者:ホットスポットに住んでいます
回答日時:2011-09-29 13:52:17

この回答の満足度 ★★★★★
それは多少あると思いますね。詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-09-24 06:45:30

この回答の満足度 ★★★★★
違うかもしれません。難しいです。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-09-23 17:54:50

この回答の満足度 ★★★★★
原発が、全く安全な施設なら原発交付金などは、支払われるはずも...詳細

回答者:団塊
回答日時:2011-09-23 13:42:00

この回答の満足度 ★★★★★
交付金をもらっていない周辺とは、事故の被害者という立場とはや...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-09-23 13:27:35

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ