Sooda!
 閲覧数:172
Google、一般住宅の太陽光発電普及に向け7500万ドルを投資とのことですが、Googleは太陽光発電の会社だったのですか。

米Googleは現地時間2011年9月27日、一般住宅向け太陽光発電システムの普及促進に向けて、7500万ドルを投資すると発表した。これにより最大3000戸の住宅に太陽光システムを設置できるようになり、クリーンエネルギーの普及に貢献できるとしている。

投資は、太陽光発電パネルの設置業者、住宅オーナー、投資家の三者を仲介する米Clean Power Financeを通じて行う。太陽光システムは費用がかさむことから、設置業者は顧客を見つけるのが困難。そこでGoogleが資金を提供して設置費用を賄う。住宅の持ち主は毎月の電気料を支払い、その一部がGoogleに支払われるという仕組み。

Clean Power Financeは、設置業者と顧客、Googleなどの投資企業との仲介役を担い、システムの管理やメンテナンス、電気料金の徴収などを行う。顧客は電力会社よりも安く電気を購入でき、設置業者も事業拡大を図ることができる。こうした革新的で拡張性のあるビジネスモデルはGoogleにとっても有意義だとしている。

Googleが住宅向け太陽光発電システムへ投資を行うのはこれで2度目。同社はクリーンエネルギー分野に取り組んでおり、これまで合計8億5000万ドルを投資している。今後も同様の取り組みを続け、将来は1万戸への設置に協力したいとしている。

[ITpro 2011年9月28日掲載]http://www.nikkei.com/tech/news/article/g=96958A9C93819499E0EAE2E3E08DE0EAE2EBE0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;da=96958A88889DE2E4E1E2E5E0E6E2E0E7E2E6E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2

質問者:匿名
質問日時:2011-09-29 04:12:19
カテゴリ:仕事・キャリア>起業・副業

ベスト回答
アメリカは意外と安定電力送信網が遅れていて、、、2年ほど前のデータでは、1年あたりの停電時間は全米平均で2時間。日本の10分と大きな隔たりがあります。なのでこの停電時間を日本並みに引き下げようと電力供給の安定化・・・スマートグリッドなる構想が出てきているのです。

基本構想は各戸(各事業所)の消費電力をすばやく集め逼迫しそうな所を早めに特定し、その場所への電力容量を上げるという仕組みです。

ネットワーク業はスマートグリッドの根幹部分になりますので、googleが投資するのも間違っていないと思います。特に太陽光発電は発電量の変化が大きいので、googleがその変化量を押さえる事が出来れば大きなアドバンテージになります。

日本は、、、既にスマートグリッド化されているので、ネットワーク業者にうまみは無いです。将来、上下分離(発電所と送電事業を分離する)がもしあれば、、、、
たま〜に日本でもスマートグリッドを!なんて言っている会社もありますが、よく聞くと外出先でも自宅の消費電力量が分るようにする(節約の為)という仕組みですから、なんかちょっと違いますよね。

回答者:匿名
回答日時:2011-09-29 14:57:19

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/5件中
あそこはIT系の会社でしょう。でもどこの会社でも色々な産業に...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-10-01 17:14:27

この回答の満足度 ★★★★★
イメージアップを狙ったのかもしれません。もうけも多少出る...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-09-29 16:38:28

この回答の満足度 ★★★★★
儲けとイメージアップの為かも知れません。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-09-29 15:34:12

この回答の満足度 ★★★★★
太陽光の会社ではありませんが、大きなビジネスチャンスだと...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-09-29 10:48:32

この回答の満足度 ★★★★★
電力事業というより、スマートグリッドを抑えたいが為の投資...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-09-29 08:02:57

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ