Sooda!
 閲覧数:632
ゴールデンスランバーを見られた方。

てっきり冤罪が晴れるとかそういうものを期待していたので、
冤罪も残ったままだし罪を押し付けた謎も残ったままだし、もやもや感の残るスッキリとしない終わり方でした。
外見が変わっても本人が生きてるんだということが周りにはしっかり分かってる、というのは良かったのですが、結局…何が言いたかったんだろう?と。

見られた方、どういう感想でしたか?
どういう解釈をされましたか?
(あまり短い一言回答はご遠慮下さい)
みんなへのお礼
ありがとうございました。
皆さんも同じように思われていたんですね。
最初、自分が大事なところを見逃したのかと思ってしまいました…(車に乗ってるシーンから見たので)
でも、そういう作風の作家さんということでちょっと納得しました。
読んだことはないんですけど。

質問者:匿名
質問日時:2011-10-05 10:06:43
カテゴリ:趣味・エンターテイメント>映画・演劇>映画・DVD

ベスト回答
私もミステリーみたいな感じかと思って観ました。
観終わって、伊坂幸太郎原作だったことを知り、納得しました。
この人の作品は、ミステリなんだけど、今までの謎解きとは少し違っていて、
人は心ならずも暴力というものと、なぜ向き合わなければならないのか、
無理やり向き合わされたそれにどう対処していくのかが、
独特の時代の空気感とともに作品に収まってるものが多いと思います。
『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』などごらんになったらわかると思います。
つい観客が期待するラストを、裏読みしてオチに落とし込んでいく手法で、
普通の展開では描ききれない何かを訴えるのに、
ミステリという手法を使っているのだと思います。
ゴールデンスランバーも、日常から非日常へ巻き込まれる定石パターンからはじまっていて、その非日常が日常になるラストなわけですが、
こうなってくると、今我々の過ごしている日常というものが何なのか、
もやもやした気分になります。
そのもやもやがしっくりこない人、物語にカタルシスを求める人には評価が低いと思います。
今は、生きているという実感が希薄な時代などといわれますが、
これから、逃げるだけの人生を送るであろう主人公の人生に、
この世に生まれて生きることの厳しさとリアルさを託したいいラストだと思います。

回答者:匿名
回答日時:2011-10-05 15:08:36

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜4件/4件中
この物語は主人公がある日突然、殺人犯におとしいれられ、その罪...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-10-05 14:11:33

この回答の満足度 ★★★★★
この映画はですね、前半はものすごく引きつけられおもしろい展開...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-10-05 14:00:30

この回答の満足度 ★★★★★
テレビ放送はかなりカットされていましたね。私、DVD持って...詳細

回答者:くーちゃん
回答日時:2011-10-05 12:04:16

この回答の満足度 ★★★★★
数々の伏線を張って全く回収しない。または伏線を一切張らず唐突...詳細

回答者:とくめい
回答日時:2011-10-05 11:07:40

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ