Sooda!
 閲覧数:62
58倍と言うことで、安心ですか。是を維持してもらいたいですか。

原発沖セシウム濃度、事故前の最大58倍
2011.10.5 19:31 [放射能漏れ]

文部科学省は5日、東京電力福島第1原発沖で、海水中に含まれる放射性セシウム濃度を測定感度を上げて調べた結果を公表。セシウム137の最高値は原発の東約180キロで1リットル当たり0.11ベクレルと、事故前の58倍だった。

8月下旬、原発から130〜340キロ離れた宮城県から千葉県にかけての11地点で海水を採取。セシウム137は0.0012〜0.11ベクレル。2009年に原発から約25キロの海域で測定した際は最大で0.0019ベクレルだった。

セシウム134の最高は原発の東沖約180キロで同0.079ベクレル。千葉県銚子市沖の2カ所では検出されなかった。

従来の方法では6〜9ベクレルより低い濃度では検出されず、原発から離れた海域ではほとんど「不検出」となり、原子力安全委員会が感度を上げて調査するよう求めていた。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111005/dst11100519320021-n1.htm

質問者:匿名
質問日時:2011-10-05 23:34:22
カテゴリ:ニュース・時事>地震・災害

ベスト回答
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110731/chn11073100120001-n1.htm

この記事と内容が異なりなすね。
58倍って、想像よりかなり少ないです。
本当なんでしょうか・・・・

回答者:疑問です
回答日時:2011-10-05 23:40:41

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
中国が福島沖で海水調査 3百倍の放射性物質検出
2011.7.31 00:10

中国国家海洋局は30日までに、福島県沖の西太平洋の海水から中国近海の最高300倍に上る濃度の放射性物質を検出したと発表した。同海域の大気には異常はなかったという。国家海洋局は「福島県東から東南方面の西太平洋は、明らかに原発事故の影響を受けている」と表明した。

中国の海洋調査船「南鋒」が、宮城県沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内で先月航行しているのが見つかっており、同船が採取した海水を分析した結果とみられる。

国家海洋局によると、西太平洋海域の海水から、中国近海と比べてセシウム137が最高300倍、ストロンチウム90が最高10倍を超える量を検出したという。ただ、具体的な数値は明らかにしていない。

南鋒は福島第1原発事故の環境影響調査という名目で6月16日〜7月4日、西太平洋などで約5千カイリを航行、調査海域の面積は約25万平方キロに上った。海洋の大気や海水、海洋生物などを採取した。(共同)

↓↓その他の回答 1〜5件/8件中
もしかしたらもっと多いのではないでしょうか?だいたい発表の数...詳細

回答者:保安院
回答日時:2011-10-06 16:19:57

この回答の満足度 ★★★★★
安心どころか、とても不安です。除染できないのでしょうか!?詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-10-06 14:01:54

この回答の満足度 ★★★★★
安心ではないです。恐怖と怒りしかありません。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-10-06 13:09:17

この回答の満足度 ★★★★★
安心と言えば、安心ですが・・・油断は禁物です。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-10-06 07:41:46

この回答の満足度 ★★★★★
維持をして欲しくないし、安心出来ません。もっと除染等対策を施...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-10-06 07:28:33

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ