Sooda!
 閲覧数:44
これで山も除染されて安心なのでしょうか。

山林除染実験 葉の形で効果に差 伊達
2011年10月06日 10時02分配信

市内全域の除染を目指す伊達市は5日、市内の山林で除染実験を行った。

針葉樹林と広葉樹林では空間放射線量の低減に差があるなどの結果が出た。

実験は市内保原町の針葉樹林と市内霊山町の広葉樹林で実施。

針葉樹林は表土の落ち葉を除去すると1、2割ほど線量が低減し、表土を数センチ除去すると5分の1ほどに下がった。

しかし、空間線量は大きくは下がらなかった。

一方、広葉樹は落ち葉を除去すると5分の1ほどに下がり、空間線量も低減する傾向があることが分かった。

これにより、広葉樹林は葉の表面に放射性物質が付着し、針葉樹は葉の面積が小さい分、放射性物質が地表に落ちていることなどが推定できるという。

市は状況に応じた除染作業が必要としており、今後の計画に反映させる。
http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=201110065

質問者:れんこん
質問日時:2011-10-06 23:27:01
カテゴリ:ニュース・時事>地震・災害

ベスト回答
データを取っただけではなく、計画を実行するという事が重要ですね。
これからも状況に応じた除染作業を続けて頂きたいです。
日本国内のすべての土地や山等を除染して貰いたい位です。
費用ですか、それは東京電力に請求すればいいんです、それで会社が倒産してしまうのなら、それだけの会社です。
事故を起こしたんだから、最後まで責任を持ってねと言う事です。
倒産させて、本来支払うべきの退職金は除染作業に回せばいいです。
倒産した際の最後のお給料は労働基準法にも記載がありますが、支給しなければいけません。
でも交通費とボーナスと退職金に関しては規定がないんですよ。
だから交通費とボーナス、退職金に関しては会社が倒産しようと、継続していようと従業員に絶対払わなくてはいけないというものでもないんですよね。
労働基準法に関しては難しいので余り良くは知らないですが、給料は現物支給してはいけない、月に1回はちゃんと支給しろって言う決まりがあるのは確かです。
なので、会社を継続させたかったら、ボーナスはすべて没収して、賠償や除染・最終処分のお金に回して下さいと声を大にして言いたいです。
外部に丸投げして出来る事は丸投げしてしまえって思いますね。
外部にお金を払わなくてはいけませんが、直接雇用してしまうと、直接雇用した人達の分の労災や雇用保険・社会保険を東電が支払わなくては行けませんが、外部委託にして丸投げしちゃえば、社会保険等の費用を東電が負担しなくても済みますので、これだけの費用でこの仕事をやってねと言えばいいんです。
その分社会保険料が浮きますからね、健康保険や年金なんかの会社負担は結構大きいですし、外部に丸投げしてしまえば、東電の企業年金の負担金も減りますよ。
まあ現場の方では協力会社と言う事で、仕事を丸投げしているようですが、事務系の仕や掃除関係すべて丸投げするか、いっその事会社を潰してしまえって言う事です。
いつまでもぬるま湯に使った仕事をしてるんじゃないっていう事です。

話がそれてしまってスイマセン。

回答者:匿名希望
回答日時:2011-10-08 16:48:22

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/7件中
安心とはいかないと思います。半減期が長いので、やらないよりは...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-10-07 15:03:33

この回答の満足度 ★★★★★
効果があれば少しは安心です。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-10-07 13:46:43

この回答の満足度 ★★★★★
少しは安心だと思います。やってほしいです。詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-10-07 11:45:58

この回答の満足度 ★★★★★
空間線量は下がらなかったと書いてありますから、効果バッチリ...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-10-07 10:21:41

この回答の満足度 ★★★★★
効果があるといいのですが、専門家は無理だと言っていますね。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-10-07 00:15:44

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ