Sooda!
 閲覧数:435
タイゴエナジーで太陽光システムの発電量 20%アップとのことですが、ありがたいことなのでしょうか。どんな原理?

http://sorapane.com/tigoenergy/index.html
http://sorapane.com/tigoenergy/index.html#ichiran

質問者:匿名
質問日時:2011-10-10 12:58:27
カテゴリ:暮らし>エコ・環境問題>環境問題

ベスト回答
通常低価格な太陽光発電はパネルからコントローラーへの配線が2本で済む直列方式をとりますが、このシステムでは発電効率のばらつきが少ない各パネルから配線を取る並列方式に変えて、効率よくマネージメントすることにより20%アップするというもので、初めから並列接続のシステムでは効率アップは望めません、又太陽光発電んで最高値が20%の効率でこれを上回るものは現在のところありません、ここでは最大4KW/hのシステムの年間最大3249W/hが、3898W/hになったということだと思います。
最大値を100%にしていない所がトリックです、外付けの装置でパネル効率は上がりません、どこまで有効利用できるかと言うことで、たとえば日陰にならない立地条件では、複雑な制御回路が要らないだけ、効率が高くほぼ4000W/h発電可能で、単なる悪条件の時一定の効率を確保しやすいと言うだけです。
いかにもよさそうに描いてありますが、コンディショナーは含んでいないので、コンディショナーとのマッチングの問題がありますし、この機械が20年持つ保証はありません、それはコンディショナーの寿命が10年だからです、一般的に電子回路に使われている電解コンデンサーと言う部品は10年程度で20年保証の物は無い(化学反応を利用しているので寿命がある)ので、中には20年持つものもありますが、一般的には持たないので10年となります。価格が7万円以下とは言え太陽電池を外して新たに配線を追加する工事が必要となり、工事費は莫大だと思います。

回答者:匿名
回答日時:2011-10-10 13:53:15

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜3件/3件中
日陰によるロス問題の解決による効率アップなのでしょうがこれ...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-10-11 11:51:33

この回答の満足度 ★★★★★
この会社、韓国のヒュンダイ(現代)のソーラーパネルを使っ...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-10-10 13:47:24

この回答の満足度 ★★★★★
原理はよく理解できませんが、発電量20%以上アップは嬉しい...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-10-10 13:35:23

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ