Sooda!
 閲覧数:102
至急!!どうしても解けません!小6、塾の宿題です。。
連立方程式の問題です・・・

ある商店では、商品A、商品Bの2種類の商品を売っている。ある日、開店時にA、Bそれぞれの個数を調べたところ、個数の比は6対5だった。午前中にAは開店時のAの個数の10%が売れ、Bは7個だけ売れたので、正午にAを何個か追加し、Bもそれと同じ個数を追加したところ、AとBの個数の比は9対8になった。また、このとき、AとBの個数の合計は開店時に比べて35個多くなっていた。開店時にあった。A、Bのそれぞれの個数を求めなさい。


どうかお願いします・・・

質問者:ひょろりん
質問日時:2011-10-10 21:07:32
カテゴリ:知識・教養・学問>知識・学問>教育

ベスト回答
開店時のAの個数をx個とすると、
A:B=6:5より、Bの個数は5/6x個と表すことができる。

「午前中にAは開店時のAの個数の10%が売れ」→90%は残っていることになる。
そして後から追加した個数をy個とすると、
(0.9x+y):(5/6x-7+y)=9:8 ・・・(1)
※(0.9x+y) ・・・売れ残ったAの個数にy個を追加
(5/6x-7+y) ・・・Bは7個売れy個を追加

「AとBの個数の合計は開店時に比べて35個多くなっていた」
(0.9x+y)+(5/6x-7+y)=x+5/6x+35 ・・・(2)
※左辺は売れたり追加したりした後の個数の合計、右辺は開店時の個数の合計に35加えたもの

(1)と(2)を連立方程式にして解くと、x=120(Aの個数),y=27(後から追加した個数)と出ます。
Bの個数はAの5/6倍なので、120×5/6=100個

回答者:匿名
回答日時:2011-10-11 03:12:25

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
丁寧にありがとうございました。
おかげで理解しました。

ありがとうございました。

↓↓その他の回答 1〜5件/5件中
既に解答されている解法がオーソドックスでよいと思うのですが...詳細

回答者:みっふぃ
回答日時:2011-10-14 01:27:15

この回答の満足度 ★★★★★
A:B=(6):(5)このときAとBの和が(11)売れたあと...詳細

回答者:ガブ
回答日時:2011-10-10 23:56:47

この回答の満足度 ★★★★★
宿題は自分で解かなきゃ。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-10-10 21:49:05

この回答の満足度 ★☆☆☆☆
宿題は自分で解かなきゃ。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-10-10 21:48:59

この回答の満足度 ★☆☆☆☆
宿題は自分で解かなきゃ。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-10-10 21:48:48

この回答の満足度 ★☆☆☆☆
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ