Sooda!
 閲覧数:56
放射能汚染物専用の焼却場って作れないのでしょうか。

1) 「量が少ないから大丈夫」という説明について

福島原発から漏れた死の灰の量は80京ベクレル(公式発表)で、日本人一人あたり約65億ベクレルになります。一方、セシウムは半減期が30年であり、ストロンチウムなどの放射性元素もありますから、ほぼ30年は被曝することを覚悟しておかなければなりません。今、10歳の子供なら、40歳まで被曝します。



30年間というのは約1万日ですから、仮に毎日、死の灰を処理できたとしても、毎日65万ベクレルの負担になります。人間は1日約1キログラムの食材、1キログラムの水をとりますので、この死の灰で汚染されたら1キロ30万ベクレルほどになります。食材の暫定基準値が500ベクレル程度であることを考えると、とんでもないことになることが判ります。



実際には死の灰は毎日、消滅することはなく、蓄積していきますから「量が少ないから大丈夫」と言っていると、取り返しのつかないほど汚染されていくということです。汚染されたものは数100億円で建設ができる焼却炉を福島原発の近くに作り、そこで処理するしか無いのです。

http://takedanet.com/2011/10/post_5a76.html

質問者:匿名
質問日時:2011-10-16 20:29:59
カテゴリ:ニュース・時事>地震・災害

ベスト回答
武田先生のご意見に全面的に賛成です。
政府は何故その決断をしないのか疑問です。

少しでも放射線に汚染されたものは、
高レベルで汚染された土地で保管すべきです。
そうでないと、日本中に汚染は拡大されてしまいます。

回答者:匿名
回答日時:2011-10-16 20:43:13

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/13件中
作ってほしいと思います。あったら希望が持てますね。詳細

回答者:ee
回答日時:2011-10-22 06:32:02

この回答の満足度 ★★★★★
放射能汚染物専用の焼却場は、期待できますね。早く作ってほしい...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-10-21 18:33:02

この回答の満足度 ★★★★★
本来であれば福島原発の周辺に「専用焼却炉」を設置し、焼却可能...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-10-17 04:16:52

この回答の満足度 ★★★★★
東電の敷地内に作るのがいいと思います。詳細

回答者:サイコフレーム
回答日時:2011-10-16 23:17:06

この回答の満足度 ★★★★★
福島に作るのが一番いいと思います。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-10-16 22:14:56

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ