Sooda!
 閲覧数:162
音発電の方が、太陽光発電より有望でしょうか。

音から電気エネルギーを取り出せる新発明! 東北大

いやー、難解な単語が多くてわかるようなわからないような...。

東北大が音波を注入するだけでスピン流を生成できる新しい手法を発見したとのことです。「スピン流」とは電子の磁気的な性質の流れのことを言うのですが、従来、スピン流の生成手法は非常に限定されたものでした。今回はあらゆる音からスピン流を生成できるのが画期的。このスピン流は逆スピンホール効果という厨二っぽい現象によって電圧へ変換することができます。ってことは音から電気エネルギーとれるよ! すげー!

とか、そんな感じの説明であってるかな...?

音波から電気・磁気エネルギーを取り出す技術[DigInfo TV]
音波から磁気の流れを創り出すことに成功−省エネルギー・新機能電子デバイス技術開発に道−[日本原子力研究開発機構]
(鉄太郎)

記事提供/GIZMODO
2011.10.18
http://extras.jp.msn.com/shoene/otoko_article.aspx?cp-documentid=5509333

質問者:へぼん
質問日時:2011-10-21 01:09:31
カテゴリ:ニュース・時事>経済

ベスト回答
微弱な音のエネルギーを使うくらいなら、もっと大きな人間の遺伝子に損傷を与えるくらいのエネルギーが、福島を中心に大量にある訳です。
放射腺はエネルギーの塊なわけですから、除染して集めて精製してそのエネルギーで発電すれば良いだけです、なんでもない時に原子炉から見れば非常に低濃度だから採算に見合わないから商業用として使われないだけで、除染してかいしゅうした廃棄物の処理と考えれば採算など考える必要は無いと思います、処分しなくてはいけないものから発電するわけですから、例えば原子力電池はペースメーカーで実用化されていますし、各エネルギーで水素を生成すれば燃料電池として使えますし、硫酸を生成すれば、バッテリーの電解液として使えれ訳ですから発電と同等で安定したエネルギーです。

http://www.patentjp.com/07/U/U100074/DA10001.html
両方共急務な課題なのに太陽電池ばかりでやらない、やはり孫のメガソーラ計画から政治資金が流れているのか?

回答者:匿名
回答日時:2011-10-21 03:54:07

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/21件中
太陽光のほうが将来性があります。年々出力が上がっています。詳細

回答者:サイコフレーム
回答日時:2011-10-28 00:03:47

この回答の満足度 ★★★★★
何ともいえないのが正直なところですかね詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-10-21 19:04:58

この回答の満足度 ★★★★★
【音】が継続的に大量にあり、太陽光線が・・・なら。ひとつに頼...詳細

回答者:kingofitou
回答日時:2011-10-21 16:54:42

この回答の満足度 ★★★★★
音と言ってもそんなに大きなエネルギーにはならないので太陽光...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-10-21 16:23:44

この回答の満足度 ★★★★★
太陽光の方が良いような気がしますが音で電気とは・・・凄いです...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-10-21 14:51:08

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ