Sooda!
 閲覧数:140
国際問題や語学、スポーツに関心のある方には、特に興味深い話だと思います。

これはある幕内力士の、入門してから困難を乗り越り越えた苦心談です。

「よくこれだけ高いハードルを克服したわね。日本人力士はなぜ頑張れないのかしら?」とアタシは悔しく思います。

http://www.music-tel.com/georgia/kokkai/prof2.html
より引用

黒海 太(こっかい ふとし)、本名ツァグリア・レヴァンさんは、2001年2月大相撲の追手風部屋に入門、同年五月場所に初土俵を踏みます。


黒海さんの大相撲界での二つの大きな壁は、まず第一に現在の日本人の入門者でさえ困難な大相撲の環境への適応でした。ちゃんこに代表される食生活、日本語と露日辞典しかない究極のコミュニケーションの壁、また先輩関取の付き人として洗濯や掃除まで他の弟子と同様にこなしました。

しかし親方の熱心な指導、おかみさんの優しい心遣い、信頼のおける部屋の仲間、そしてもちろん本人の大変な努力により見事にこの封建的な相撲界にとけ込むことが出来ました。

一方相撲の壁は「立ち合い」でした。これはレスリングなどの格闘技での引き技が、相撲にはマイナスとなります。また黒海さんの足の長い体型は、常に腰高・・と指摘され、これも大きな課題でした。

しかし黒海さんのパワーは入門時で既に幕下クラスと折り紙をつけられ、順調に出世道を歩んで…

2003年3月場所、幕下西筆頭で入門から2年、歴代8位のスピード出世で、2003年夏場所(五月)には十両への昇進が決定。2003年11月場所、十両西二枚目で見事十両優勝。2004年1月場所初入幕。


また相撲の出世とともに日本語の上達も目覚ましく、日常会話は完璧にマスターしています。機会があったら「インターネットで見ています!グルジアがんばれ!!と話しかけてください。


★黒海さんはまず言葉の面で大変な苦労をしました。日本語とグルジア語を訳す辞書は当時はありませんでした。

しかし相撲の細かい指導には、どうしても意志の疎通が欠かせません。そこで最初のうちは親方たちの言葉を黒海さんが分かるロシア語に翻訳し、黒海さんもロシア語で答えを書きそれを日本語に訳して親方たちに伝えるという大変な方法が取られました。

グルジアは以前はロシアの一部であり、グルジア人たちはロシア語を習っていたからです。

この黒海さんの苦心を考えると、ちょっと辛かったからと言って相撲部屋を逃げ出す日本人の弟子が見劣りしてしまうのは否めないと思います。

皆さんのご感想をお聞かせ下さい。


(備考)

黒海の活躍はグルジアで話題になり、栃ノ心(とちのしん)、臥牙丸(ががまる)らの幕内力士がグルジアから誕生。栃ノ心、臥牙丸は一時優勝争いに加わった場所もある。

質問者:たまてば子
質問日時:2011-10-21 12:36:56
カテゴリ:ニュース・時事>国際

ベスト回答
道を選ぶ、覚悟の違いを感じました。
少し辛いからと言って、国に帰るワケにはいかない。
相当の覚悟があっての事でしょう。
自分の首をかけて、命をかけているからこそ
辛くても逃げずに頑張れたのでしょう。

日本の力士の場合・・・
その覚悟がある人って
なかなか いないと思います。

だから、日本人の力士から気迫を感じられないんですよ。

回答者:匿名希望
回答日時:2011-10-21 15:56:30

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/13件中
興味深いですね。これからもがんばってほしいです。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-10-28 02:02:37

この回答の満足度 ★★★★★
いま町でたむろしている馬鹿な10代にみせてやりたいです。感動...詳細

回答者:サイコフレーム
回答日時:2011-10-28 00:23:25

この回答の満足度 ★★★★★
マザコンですぐに会社を辞めてお家に帰りた〜いと叫んでいる新...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-10-22 13:36:24

この回答の満足度 ★★★★★
興味深い話だと思います。 頑張って欲しいですね。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-10-21 21:40:44

この回答の満足度 ★★★★★
改めて大変さをわかりました。頑張って欲しいです。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-10-21 20:46:34

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ