Sooda!
 閲覧数:117
この事件の処分は不当に軽くて変だと思いませんか?


★埼玉県大宮市立宮原(みやはら)中学校
http://wiki.livedoor.jp/kyouiku_hiroba/d/%BA%EB%B6%CC%B8%A9%C2%E7%B5%DC%BB%D4%CE%A9%B5%DC%B8%B6%C3%E6%B3%D8%B9%BB(1984.10.19)より抜粋

埼玉県大宮市(現・さいたま市北区)の大宮市立宮原中学校で1984年10月19日、バレーボール部員だった当時2年生の男子生徒は、「試合の結果が思わしくなかった」として顧問教諭から殴られた。

その際にコンクリート壁に頭を打ち付け、頸椎捻挫などと診断されて後遺症が残った。男子生徒は事件後、後遺症のために欠席がちになったという。

生徒は1987年に高校を受験したが、受験したすべての高校に不合格となった。不審に思った母親が調査をおこない、調査書(内申書)の欠席欄に「登校拒否・情緒不安定」と事実に反する欠席理由が記載されていたことが明らかになった。


母親は1989年に埼玉県に対して内申書開示請求をおこなったが、県は応じなかった。1993年になり一部開示が認められた。

生徒側は教諭の暴行や内申書虚偽記載問題について、大宮市を相手取り浦和地裁(現・さいたま地裁)に提訴した。一方で「裁判の早期決着を図るため、暴行問題に論点を絞ることにした」として、内申書虚偽記載問題についての部分はのちに取り下げている。


浦和地裁は1993年11月24日、暴行と後遺症との因果関係や学校の不適切対応などを認め、大宮市に約180万円の支払いを命じる判決を下した。

判決では教諭の行為について「体罰」という言葉は使わずに一貫して「暴行」「殴打」という表現を使用し、教諭の行為について教育的配慮があったとは認めなかった。


また生徒の母親は1993年12月、内申書虚偽記載問題について、当時の校長と教頭を有印虚偽公文書作成・同行使容疑で浦和地検に告発した。

また支援者ら約30人が呼応する形で、同趣旨の告発を1994年1月までに浦和地検におこなった。

浦和地検は1994年2月8日、校長を嫌疑不十分で不起訴処分にした。

また教頭については有印虚偽公文書作成・同行使が成立すると判断しながら「当該者は1994年2月時点では北本市内の学校長として勤務しているが、北本市教育委員会が当該者を口頭注意処分にした」などとして起訴猶予処分にした。


●当時は体罰が当たり前の時代だったとはいえ、この体罰教師も困ったものです。

しかしそれ以上に問題なのは、犯罪を犯した校長・教頭をかばう教育委員会の体質です。口頭注意処分なんて、ほとんど意味がありません。

わずか180万円の勝訴判決なんて余りにも可愛そうです。

みなさんはどのように考えますか?

質問者:江藤 昭三
質問日時:2011-10-24 11:34:11
カテゴリ:ニュース・時事>社会

ベスト回答
後遺症がのこって、人生を左右しこの処分はないです。
体質もよくありませんね。
6ケ月以上の停職処分にすべきでした。

回答者:とくめい
回答日時:2011-10-24 11:38:32

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/22件中
脳の後遺症は怖いです。今はまだ、大丈夫と思っていても・・・将...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-10-31 11:03:29

この回答の満足度 ★★★★★
知りませんでした。金額がすくなすぎます。一億円でも少ないです...詳細

回答者:サイコフレーム
回答日時:2011-10-30 21:27:14

この回答の満足度 ★★★★★
この生徒の将来を、どう考えているのか?あまりにも酷すぎる。人...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-10-30 20:21:44

この回答の満足度 ★★★★★
後遺症が残っているのに、口頭注意だけだとあまり反省しないと思...詳細

回答者:rrtgyh
回答日時:2011-10-25 19:56:09

この回答の満足度 ★★★★★
ひどいですね。今だったら大問題です。詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-10-24 22:29:57

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ