Sooda!
 閲覧数:195
TPPが導入された場合、医療費が高くなる可能性があると
聞いたことがありますが、本当なんですか?

質問者:匿名
質問日時:2011-10-26 05:21:48
カテゴリ:ニュース・時事>社会

ベスト回答
長期的視点に立った場合、ってところでしょう。

まず、アメリカの自由診療方式が導入され、混合診療が多くなる。
混合診療が多くなると、保険適用外のため医療費が高くなり、海外の民間医療保険が台頭し、自由診療の市場が広まる。
医療費による財政圧迫もあり、国民皆保険が縮小され、新規の治療法の保険適用が少なくなり、また今まで保険適用だったものが保険適用外になる。
結果医療費が高騰し、良い医療を受けるためには高額な保険に入らなければならなくなる。

とまあ、こんな感じです。実際にこの通りになるかどうかはその時に政府次第です。しかし現実問題として、こうなる可能性は否定できない。というのもTPPに条項として含まれる可能性があるものとして投資家保護条項というものがあるらしい。これは国の議会や政策で決定したものによって企業が損失を受けた場合、企業は国際仲裁センターを通じて国に提訴できる、というもの。だから、国民保険によって外資系企業が損失を被ったとすれば、国を相手取って提訴できるんですよ。じゃあ、国民保険はなるべく拡大しない、なるべくアメリカと同じ条件にする、ってなりますよね。

結構憶測も入っていて間違ってるかもしれないのであしからず。

回答者:とくめいきぼう
回答日時:2011-10-26 14:52:26

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜2件/2件中
点数(診療報酬制度)が改定されない限り医療費は上がらないので...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-10-26 08:23:25

この回答の満足度 ★★★★☆
TPPって関税率撤廃云々って言う話ですよねぇ、それと医療費の...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-10-26 07:02:51

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ