Sooda!
 閲覧数:197
日本の放射能基準は、甘すぎて理解できないそうです。

、日本政府が設定した食品や飲料水の放射性物質の基準値が甘すぎ、「まったく理解できない」と批判、早急に「現実的」な値に見直すべきだと述べた。

例えば、日本では飲料水1キログラム当たりの放射性セシウムの暫定基準値は200ベクレル。一方、ベラルーシの基準値は10ベクレルで、20倍の差があるという。
http://fugafugaplus.ldblog.jp/archives/4684300.html

みなさんはどう思いますか。

質問者:匿名
質問日時:2011-10-29 12:01:17
カテゴリ:暮らし>家事・住宅>防犯・防災

ベスト回答
来年の4月から基準を厳しくするようです。飲料だけではなく、トータルでは5分の1に強化されます。最近、食品から検出される放射線量が減ってきたから、基準を厳しくするようです。健康を考えてのことではないよです。

10月28日 4時2分 NHK

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111028/t10013567281000.html

食品に含まれる放射性物質の基準値について、厚生労働省は現在の暫定基準値の目安とした被ばく量の限度を来年4月をめどに5分の1に引き下げ、年間1ミリシーベルトにする方針を固めました。これによって食品ごとの基準値は厳しくなります。

福島第一原発の事故のあとに緊急時の対応として定められた暫定基準値は、放射性物質が含まれた食品を事故後1年間とり続けたとしても健康に影響が出ないとされる被ばく量を目安に作られています。その目安は年間5ミリシーベルトで、これを基に、放射性セシウムの暫定基準値は、肉や魚、野菜それに米などの穀類は、1キログラム当たり500ベクレルなどとされています。この目安について、厚生労働省は、事故から一定の期間が経過し、食品から検出される放射性物質の量が少なくなっていることなどから、来年4月をめどに国際的な指標に合わせて年間5ミリシーベルトから1ミリシーベルトに引き下げる方針を固めました。食品に含まれる放射性物質を巡っては、食品安全委員会が27日、一生を通じて累積で100ミリシーベルト以上被ばくすると健康に影響するおそれがあるとして、食品による内部被ばくをおおむねこの範囲に収めるべきだとする見解をまとめています。厚生労働省が目安を年間1ミリシーベルトに引き下げると、食品ごとの基準値は厳しくなり、食品安全委員会の見解の範囲内になる見通しです。厚生労働省は来週から審議会を開いて、食品ごとの基準値を決めることにしています。

回答者:匿名
回答日時:2011-10-29 13:03:42

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/18件中
確かに甘いと思います!ですが、改定に時間がかかりそうですし当...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-11-05 09:52:19

この回答の満足度 ★★★★★
確かに甘いと思います。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-11-05 08:45:39

この回答の満足度 ★★★★☆
甘いです。国民をだます基準です。今すぐ基準を世界で一番厳しく...詳細

回答者:サイコフレーム
回答日時:2011-11-05 08:14:42

この回答の満足度 ★★★★★
甘いすぎるのなら直すべきだと思います。テレビを見なくなった...詳細

回答者:refrrf
回答日時:2011-11-04 16:30:57

この回答の満足度 ★★★★★
国民の命なんか考えていない証拠。金、利権だけに執着している連...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-11-03 20:22:29

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ