Sooda!
 閲覧数:232
TPPは経団連を救い、JAをぶっ潰す作戦ですか。逆でしょうか。

質問者:匿名
質問日時:2011-11-09 21:41:35
カテゴリ:仕事・キャリア>その他

ベスト回答
TPP(要するに米国)の目的は、米国の失業者及び農家対策です。
ただ米国の工業製品にそこまでの競争力はないので、結果的に経団連(要するに日本の多くの企業及びサラリーマン)は得をするでしょう。

しかしJA(農家)は一部の高付加価値の果物農家以外は壊滅します。
但し多くの農家は後継者不足で「死にかかって」おり、放っておいたらあと20年ぐらいで滅びること必至です。

TPPは間違いなくその流れを加速させます。
これはある意味米国から仕掛けられた「戦争」ともいえます。

これを逆手に取るには米国の農地を日本人が買い上げて、そこで農業するしかないかも?

回答者:匿名希望
回答日時:2011-11-10 00:05:14

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/12件中
このままでは、農業にとってはマイナスです。何かの対策が必要と...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-11-14 15:55:51

この回答の満足度 ★★★★★
経団連は首相にTPP参加をするよう圧力かけています。それによ...詳細

回答者:みんな目を覚まそうよ
回答日時:2011-11-14 15:15:09

この回答の満足度 ★★★★★
一時的ならば、TPPは経団連を救い、JAをぶっ潰す作戦となる...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-11-14 15:06:12

この回答の満足度 ★★★★★
日本の農家の打撃を更に加速させると思います。で、税金投入です...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-11-12 20:53:19

この回答の満足度 ★★★★★
そういう作戦だと思います。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-11-11 20:28:17

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ