Sooda!
 閲覧数:71
アメリカと韓国で締結されたFTA、
そのために韓国はひどい目にあっています。
今アメリカと日本で結ばれようとしているTPP
殆ど同じようなもの。
アメリカって悪魔でしょうか。それとも米韓で締結されたFTAを羨ましがってTPPに参加しようとしている政府があまりにも無知なのか
お人よしなのでしょうか。
京都大学准教授の中野剛志氏の話しを聞くともう日本は手遅れなのだそうです。
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65772646.html

質問者:匿名
質問日時:2011-11-10 07:37:47
カテゴリ:ニュース・時事>政治

ベスト回答
TPPの取り決めに関しては手遅れです、アメリカが2008年に加入した時点で大筋は決まっていて、細かいすり合わせで各国が変えて欲しくないものを交渉してきた訳です、今頃加入して、大幅に変えられると思うこと事態何を考えているのか、民主党が政権を取った時に加入しても遅いくらいです。
TPPの真の目的、貿易のスマート化つまり貿易障壁を取り払い1つのルール(現在はアメリカのルール)にして、スマート化すると言う事です、つまり異質な金融の郵貯、保険制度の国保、社保などは民間のファンドや保険会社が参入できる形で正当な配分(アメリカの保険制度のように金持ちは最高の医療、金のないやつは薬を買うのがやっとで、保険内容で受けられる診療や病院が来まる)、郵貯はほぼファンド能力がないので、旧リーマンならぬファンド会社がハイリスク、ミドルリターンで運用できる(米国企業なのでファンド会社の取り分が多く、また納税場所はアメリカ、でも破産すれば預貯金は消える)、又流通障壁と成る商品表示の一元化からすれば、遺伝子組換え、放射線照射、BSE検査等、アメリカ並みに成るのは必然、本来のTPPはそのために実力が均衡した4カ国で協調できる点が多いことから始められた物にアメリカが参入してその強大な力で、アメリカ基準に強要した物で、現行でイタリアの国債の金利が7%を超え売られている、ギリシャどころではないヨーロッパ事情、来年には危ないと言われている中国バブル、日本の700億ドルの通貨スワップでかろうじて弾けない韓国、止まらない円高、TPPできても円高が進めば効果など消えてなく成る、現状ではあえて危険に飛び込むより見定めた方が得策、日本のTPPはオバマ救済策でしか無く、オバマが落選したら、ただの大損、落選濃厚なのに。

回答者:匿名
回答日時:2011-11-10 10:53:20

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/13件中
自国内の製品を国民に買わせ、お金を回るようにしている。つまり...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-11-14 15:22:58

この回答の満足度 ★★★★★
自分の国が一番じゃないと気が済まない国だと言う事です。ドシ...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-11-12 18:31:38

この回答の満足度 ★★★★★
米国の言いなりなんでしょう。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-11-10 19:25:57

この回答の満足度 ★★★★★
アメリカの言いなりの条約を結ばれそうです。なんせ外交下手で無...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-11-10 14:10:36

この回答の満足度 ★★★★★
メリット・デメリット両方の面があるのは確かです。それぞれど...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-11-10 13:43:38

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ