Sooda!
 閲覧数:118
稀勢の里(きせのさと)の大関取ゲットに、この元横綱が太鼓判を押してくれました。

稀勢の里ははたして大関に見事昇進できるのでしょうか?


◆北の富士(きたのふじ)さん、稀勢の大関とりに太鼓判
サンケイスポーツ 11月10日(木)7時51分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111110-00000009-sanspo-spo

故鳴戸親方(元横綱隆の里、享年59)の死去によって部屋付きの西岩親方(35)=元幕内隆の鶴=が年寄「鳴戸」を襲名して新師匠となった大相撲の鳴戸部屋では、9日も普段通りに朝稽古が行われた。

稽古場にはNHK相撲解説者の北の富士勝昭さん(69)=元横綱北の富士=が訪れ、関脇稀勢の里(25)の大関とりに太鼓判を押した。

10度の幕内優勝を誇る元横綱が、新たなスタートを切った鳴戸部屋を訪れた。お目当ては稀勢の里だ。「ちょっと心配だったからね。普通にとれば(昇進の目安となる)11勝は大丈夫だと思う。今まで苦労しているし、ここ一番で精神的に強いところを見せてくれるんじゃないかな」

北の富士さんは上がり座敷に腰を下ろして約2時間、稽古を見守った。1998年に退職したが、鋭い眼光は千代の富士、北勝海(ほくとうみ)の両横綱を育てたころと変わりなく、葬儀の準備のため新師匠が不在の稽古場に緊張感を漂わせた。稽古終わりに稀勢の里が力水をつけにいくと、軽く声をかけて稽古場を後にした。

稀勢の里は幕内高安(たかやす)や十両隆の山(たかのやま)と26番をとり23勝3敗。師匠が変わっての再スタートに「特に変わりはないですよ」と短く応えた。

九州場所は13日に初日を迎えるが、千葉県松戸市内で行われる10日の通夜、11日の葬儀には駆けつける予定だ。直前の調整が心配だが、師匠とともに目指した悲願の大関とりへ、歩みを止めることはない。

質問者:姿三四郎
質問日時:2011-11-11 05:06:40
カテゴリ:趣味・エンターテイメント>スポーツ・アウトドア>相撲・格闘技

ベスト回答
北の富士の目なら稀勢の里も心強いです。
北の富士は以前把瑠都が十両で全勝優勝したときに相撲中継の解説で「将来は横綱」と
絶賛しました。その発言から僅か4年で横綱になる前提条件の「大関」になりました。
その北の富士が稀勢の里の稽古を見て、「普通にとれば大丈夫」と言ったのですから
稀勢の里の状態が非常に良いのでしょう。
東西の正大関が日本人、久し振りにそんな番付表を見られそうです。

回答者:キク
回答日時:2011-11-11 07:05:25

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/13件中
昇進できると思います。昇進して天国にいい知らせを届けてほしい...詳細

回答者:とくめい
回答日時:2011-11-18 04:44:12

この回答の満足度 ★★★★★
親方が亡くなって大変だと思いますが、がんばってほしいですね。...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-11-15 23:12:52

この回答の満足度 ★★★★★
本場所直前に親方がお亡くなりになり、哀しいとともに多忙な日々...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-11-13 23:49:57

この回答の満足度 ★★★★★
大関とりの場所を目前にして・・・・稀勢の里の心情を思うと苦し...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-11-11 20:51:52

この回答の満足度 ★★★★★
できると思います。期待をこめて。詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-11-11 19:36:27

この回答の満足度 ★★★★☆
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ