Sooda!
 閲覧数:101
この幕内力士も故郷で「相撲を辞めたい」と父親に話したんですね。

今から思うとビックリしちゃいます。

★安馬(あま) 大関「確」!昇進ノルマ33勝到達
[スポーツニッポン 2008年11月22日 ]
http://www.sponichi.co.jp/sports/special/2008sumoukyushu/KFullNormal20081122168.html

大相撲九州場所13日目(21日・福岡国際センター)大関を狙う安馬(あま=日馬富士はるまふじ)が雅山(みやびやま)を一気の攻めで押し出し、11勝目をマーク。昇進の目安とされる3場所通算33勝に到達した。

近年のケースでは34勝以上が当確だが、前日の白鵬戦の勝利を重視する声も多く、残り2日で連敗しない限り、昇進は濃厚な状況となった。白鵬は琴欧洲を寄せ付けず、2敗をキープ。3敗は平幕の嘉風1人となった。

会心の勝利で雅山を下した安馬は、土俵下の控えで何度も息を吐いた。入門当時からあこがれていた「大関」が現実のものとなり、高ぶる鼓動を抑えきれない。興奮冷めやらぬ安馬は、心の中で天国の父に叫んでいた。「父さん、やったよ」

入門して1年半がたった04年夏。里帰りでモンゴルに戻った安馬は、相撲を辞めたいと父・ダワニャムさん(享年50)に打ち明けた。

しかし、異国の地での集団生活に悩む息子に父は笑いながら諭(さと)した。「男は自分の目標に向かって突き進むべき。逃げてばかりいたら、一生何もできないぞ」。尊敬する父の言葉でモヤモヤは吹っ飛んだ。

ダワニャムさんは06年12月28日に交通事故で死去したが、弱気を追い払って稽古の虫となり、亡き父との約束を果たした。

前日、会心の相撲で白鵬を撃破。その自信が土俵にも表れていた。力強い踏み込みで雅山に圧力をかけ、闘争心を前面に出す。最後は力強いもろ手突きで170キロを押し出した。花道では子供にキスをする余裕も見せ、報道陣の前でも今場所一番の笑みをこぼした。

「うれしいです。前に出られた」。この日の勝利で、大関昇進の「ノルマ」である3場所33勝に到達した。近年の先輩大関は34勝以上をクリアしているが、横綱に勝ったことを重視する声も多い。

武蔵川理事長(元横綱・三重ノ海みえのうみ)も「いい相撲だった。大事なところになって本来の相撲が取れている」と評価した。

会場から出ると、待ちかまえたファンから「大関」の声があがった。優勝争いでも白鵬とのマッチレース。「まだ2日ある。1日1番。自分の相撲を取り続けるだけ」。自信満々に言い放った姿は、早くも大関の風格を漂わせていた。


★安馬さんは大関昇進後に日馬富士と勇壮なしこ名に変え、幕内優勝もした事は皆さんもご存知でしょう。

皆さんはこのエピソードを読んで、どのようにお感じになりますか?

質問者:たまてば子
質問日時:2011-11-12 14:46:54
カテゴリ:趣味・エンターテイメント>スポーツ・アウトドア>相撲・格闘技

ベスト回答
特に恵まれた体格でもなく言葉・風俗のまるで異なる異国で厳しいといわれる稽古に耐えるのは大変だったと思います。

昔、初の外人力士として優勝した高見山大五郎も、稽古とは「無理辺にゲンコツと書くんだ」と師匠に教えられてしごかれていたそうなのでその厳しさは想像に難くないです。

彼の練習熱心さは有名ですね。大好きな力士です。
〜〜〜〜〜〜〜〜
個人的には今の四股名より以前の四股名の方がしっくりきます。
また四股を踏んで手を土俵につくしぐさが小柄な体格もあって金剛を彷彿させます。

回答者:ホラふき金剛
回答日時:2011-11-12 19:43:26

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/15件中
今では考えられないですね。綱取りを期待してます。詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-11-17 00:00:00

この回答の満足度 ★★★★★
異国の地で戦うのは想像以上に大変なんだろうと思います。親子愛...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-11-15 23:15:44

この回答の満足度 ★★★★★
感動的な親子の絆ですね。今後も頑張ってほしいですね。横綱目指...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-11-15 16:42:39

この回答の満足度 ★★★★★
このままがんばってくださいとおもいますね詳細

回答者:ららら
回答日時:2011-11-14 01:37:37

この回答の満足度 ★★★★☆
こういう熱いエピソードを知ると応援したくなりますね。がん...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-11-13 15:23:45

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ