Sooda!
 閲覧数:499
1.「赤の〜」と「赤い〜」はどう違いますか?
2.また白黒青黄色なども同様にいをつけて表現できますが、緑はいがつかないので、もし上記の赤の〜赤い〜に表現の違いがあるとすれば、緑の場合はどういう風に表現するのでしょうか?
1と2の両方回答お願いします。

質問者:匿名
質問日時:2011-11-12 19:14:45
カテゴリ:知識・教養・学問>知識・学問>芸術・言語・文学

ベスト回答
う〜ん……相当むずかしいですね^^;
まあ、わかる事といえば「○○の〜」は他の名詞を修飾する意味ではないでしょうか?
「赤い」の方は、よく言葉で使いますね、「赤いファイル」や「赤い傘」に。
なので、「赤い」の方は言葉の表現に使われる意味ではないですかね?
恐らくこの回答は間違っているので、そんなに期待しないほうがいいですよ←

すみませが、2の方はわかりません;; 出直してきます。

では、この回答が参考にでもなれば、幸いです。
===補足===
今、読み返してわかったんですが、「赤い〜」の方は何かの言葉をより、詳しくするための言葉ではないでしょうか?
例えば、「傘をさした」では「どんな色の傘なのか?」と読む人は疑問に思いますよね? ですので「赤い傘をさした」の方が読む人のイメージが大幅にイメージしやすくなるでしょう?
考えてみたら、他の言葉でもそうです。
「俺はカバンを持つと、靴をはいて玄関のドアを開けた」を「赤い〜」に似た言葉でより、詳しくしてみると……。
「俺は茶色いカバンを持つと、黒い靴をはいて、ドアを開けた」にしてみてはどうでしょう? わかりやすくなってでしょう?

回答者:黒の鳥
回答日時:2011-11-14 20:24:25

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 0〜0件/0件中
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ