Sooda!
 閲覧数:109
DCF (Discounted Cash Flow) 法について質問です。
銀行預金の利率が年5%だったと仮定した場合、銀行に預けた100万円は1年後には105万円 (= 100万円×1.05) に、2年後には110万円 (= 100万円×1.05×1.05) になっています。これを未来からさかのぼって考えると、「2年後の110万円は、今の100万円と同価値 (110万円÷1.05÷1.05≒100万円)」ということができます。

と説明に書いてありますが、2年後の110万円は、今の100万円と同価値になるとはどういうことなのでしょうか?
どなたか分かりやすく解説してもらえないでしょうか。

質問者:匿名
質問日時:2011-11-13 03:34:56
カテゴリ:知識・教養・学問>知識・学問>経済・産業


↓↓現在集まっている回答 1〜3件/3件中
堅苦しい話を堅苦しく説明してもしょうがないからねw一言。あな...詳細

回答者:とくめい
回答日時:2011-11-13 19:31:45

この回答の満足度 ★★★★★
2年後の110万円は、今の100万円と同価値になるとみなされ...詳細

回答者:経済学部
回答日時:2011-11-13 11:44:40

この回答の満足度 ★★★★★
掲載の銀行預金金利年5%の例で言うと:2011年11月にあな...詳細

回答者:とくめいきぼう
回答日時:2011-11-13 04:39:59

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ