Sooda!
 閲覧数:134
TPPのラチェット規定って何でしょうか。
みんなへのお礼
国力をそぐにはもってこいですか。

質問者:さるもん
質問日時:2011-11-17 23:57:34
カテゴリ:ニュース・時事>社会

ベスト回答
http://blog.livedoor.jp/soyokaze2009/archives/51712999.html

ラチェットとは、一方にしか動かない爪歯車を指す。ラチェット規定はすなわち、現状の自由化よりも後退を許さないという規定である。

締約国が、後で何らかの事情により、市場開放をし過ぎたと思っても、規制を強化することが許されない規定なのだ。このラチェット規定が入っている分野をみると、例えば銀行、保険、法務、特許、会計、電力・ガス、宅配、電気通信、建設サービス、流通、高等教育、医療機器、航空輸送など多岐にわたる。どれも米国企業に有利な分野ばかりである。

加えて、今後、韓国が他の国とFTAを締結した場合、その条件が米国に対する条件よりも有利な場合は、米国にも同じ条件を適用しなければならないという規定まで入れられた。

もう一つ特筆すべきは、韓国が、ISD(「国家と投資家の間の紛争解決手続き」)条項を飲まされていることである。

このISDとは、ある国家が自国の公共も利益のために制定した政策によって、海外の投資家が不利益を被った場合には、世界銀行傘下の「国際投資紛争解決センター」という第三者機関に訴えることができる制度である。
===補足===
そうです。ヒドイ規定です。

回答者:匿名
回答日時:2011-11-18 00:14:28

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
なんなんだ!
江戸時代よりひどいのでは!?

↓↓その他の回答 1〜1件/1件中
ラチェット規定読み方:ラチェットきてい特定の一方向へむけた変...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-11-18 12:03:01

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ