Sooda!
 閲覧数:76
TPPのISD条項の方が、日本の国内法よりパワフルなことを知っていましたか。結構重要だと思うんですが?http://ceron.jp/url/www.youtube.com/watch?v=v7QHGesP3tc
みんなへのお礼
参加するのでしょうか。

質問者:匿名
質問日時:2011-12-01 17:49:29
カテゴリ:ニュース・時事>政治

ベスト回答
パワフルかと言うと少し異なるので無いでしょうか。国内法は、法律ですから刑罰があり、ISDは罰則規定はあっても、刑罰はないので、懲役刑や収監される事はありません、あくまでも、アメリカの法律から見て、日本の法律が、アメリカの投資家に取って不利益だと、言う根拠があれば、国際裁判にに訴え、相手国の事情や人道的など無関係に、投資家に不利であるかだけを争い、勝てば、相手国に損害賠償を請求するもので、相手国が賠償金を払い続けるなら、相手国の法律を変えなくても良い(但し莫大な金額なので、変えた方が安上がりですが)、もっともだからこそ恐ろしいので、投資家のための法律なので、カナダの農協では無いですが、アメリカ資本に加工、販売のおいしい所だけ乗っ取られてしまいました、カナダ国内での1時産業はISDには引っかからない(アメリカがカナダで農作物を作る訳ではないので)、逆にカナダがISDで木材をやろうとしましたが駄目でした、国際裁判所がアメリカにある事が、その大きな理由でしょう、でも日本にISDで木材をすれば通るでしょう、アメリカの利益にあまり関係なければ、不公平感を出さないためにも、通すはずです。

回答者:匿名
回答日時:2011-12-01 19:04:32

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/7件中
知っていました。TPPの詳しい解説サイトには、農業だけに目を...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-12-08 15:01:24

この回答の満足度 ★★★★★
知ってましたよ。TPPの方に目が行きがちですが、ISDの方が...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-12-03 12:11:21

この回答の満足度 ★★★★★
いいえ、知りませんでした。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-12-01 20:08:26

この回答の満足度 ★★★★☆
知っていました。怖いことになりますね。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-12-01 18:27:28

この回答の満足度 ★★★★★
なんとなくそう思っていました。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-12-01 17:56:06

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ