Sooda!
 閲覧数:472
6キロのドラム洗濯機で布団をギュウギュウに押し込んで脱水しました。意外と脱水できたので今度は乾燥40分回しました。ギュウギュウの状態で乾燥するとやっぱり壊れてしまうもんでしょうか?お馬鹿な質問ですみません・・・。
みんなへのお礼
回答してくれたみなさんに感謝してます。

質問者:匿名
質問日時:2011-12-05 16:56:29
カテゴリ:暮らし>家電・AV機器・通信>キッチン・生活家電

ベスト回答
ギュウギュウの状態で乾燥は止めた方が良いと思います。

取扱説明書をよく読んで欲しいと思うのですが
洗濯重量と乾燥重量は違っていると思います。
(洗濯重量の方が重くなっています)
つまり洗濯・脱水が可能だからと言っても
乾燥重量をオーバーしていればそのまま乾燥は出来ないのです。
洗濯〜乾燥まで自動で行うには乾燥重量に合わせて洗濯物を投入する必要がある訳です。
この点を理解していないユーザーは案外多いのではないかと思います。

通常は取扱説明書に布団等の大物の洗濯に関してサイズと重さ
更に洗濯物の投入の仕方(布団類は折りたたんで入れます)まで指定されていると思うので
指定されたサイズと重さを限度に洗濯・脱水、及び乾燥を利用して下さい。
仮に乾燥重量が6kgなら乾燥出来るのはシングルの毛布や掛け布団程度で
同一モデルの洗濯重量は10kg近くになり
ダブルの毛布や掛け布団の洗濯及び脱水が可能だと思われます。
もし6kgと言うのが洗濯重量なら乾燥重量は3kg程度なのですが
シングルの毛布は可能でも布団はドラムの大きさの関係で難しいと思います。
その点は機種によって違うので説明書に準じて下さい。
機種によっては乾燥重量を満たしていても
そもそも布団乾燥が出来ない場合もあります。
取扱説明書を守った範囲の投入でドラム内が一杯になる事はあっても
押し込んで詰める(つまりギュウギュウ)状態にはならないと思います。

ドラム式洗濯機の乾燥に関しての説明を少ししますが
乾燥の場合ドラム内の空気を吸い込みヒーターで加熱し温風をドラム内に送ります。
ギュウギュウ詰めの状態と言うのはこの空気の循環を妨げてしまいます。
空気の循環が妨げられるとヒーター部分での温度上昇に繋がり
保護の為サーモスタットによりヒーターの通電を停止させます。
サーモスタットがあるので安全性は保たれますが
ヒーター部分の温度が通常より高温になってしまいます。
それが周囲の部品に少しずつ影響を与える事になります。
(例えば樹脂パーツの変形等が起こる可能性があります)
直ぐに壊れると言う事はまずありませんが無理をさせていれば故障に繋がります。

洗濯機に限らず家電製品で取扱説明書を無視した取扱をされる消費者がいますが
その時の説明に「最初は大丈夫だったから使用方法に問題はない」と言う様な
言い訳を言う人達がいます。
理解して欲しいのは取扱説明書にスペックギリギリの使用方法なんて書きません。
取扱説明書には安全と耐久性を考えた使用方法が書かれます。
必ず故障するとは限りませんが故障に至る可能性を作っていると思って下さい。
取扱説明書に書かれていない使用方法をするのなら
ユーザー責任に於いて行う事になります。

回答者:元家電サービスマン
回答日時:2011-12-05 19:08:17

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
親切に詳しく回答してくれてありがとうございます。

↓↓その他の回答 1〜4件/4件中
ヒーターがオーバーヒートして壊れますよ。修理は最低でも2万...詳細

回答者:やめなはれ
回答日時:2011-12-06 01:37:36

この回答の満足度 ★★★★★
脱水は出来ても乾燥となるとダメですね。ヘヤードライヤー送...詳細

回答者:徳明
回答日時:2011-12-05 17:54:40

この回答の満足度 ★★★★★
壊れそうなのでやめた方が…。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-12-05 17:20:20

この回答の満足度 ★★★★★
たぶん壊れるとおもいます・・・詳細

回答者:なおと
回答日時:2011-12-05 16:59:53

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ