Sooda!
 閲覧数:108
日本は、利用されたのでしょうか。これまでも、これからも?
「ルーズベルトは狂気の男」 フーバー元大統領が批判2011.12.7 22:41

【ワシントン=佐々木類】ハーバート・フーバー第31代米大統領(1874〜1964年)が、日本軍が1941年12月8日、米ハワイの真珠湾を攻撃した際の大統領だったフランクリン・ルーズベルト(第32代、1882〜1945年)について、「対ドイツ参戦の口実として、日本を対米戦争に追い込む陰謀を図った『狂気の男』」と批判していたことが分かった。

米歴史家のジョージ・ナッシュ氏が、これまで非公開だったフーバーのメモなどを基に著した「FREEDOM BETRAYED(裏切られた自由)」で明らかにした。

真珠湾攻撃に関しては、ルーズベルトが対独戦に参戦する口実を作るため、攻撃を事前に察知しながら放置。ドイツと同盟国だった日本を対米戦に引きずり込もうとした−などとする“陰謀説"が日米の研究者の間で浮かんでは消えてきたが、米大統領経験者が“陰謀説"に言及していたことが判明したのは初めて。

ナッシュ氏の著書によると、フーバーは第33代大統領のトルーマンの指示で戦後の日本などを視察。46年に訪日し、東京で連合国軍総司令部(GHQ)のマッカーサー元帥と会談した。
その際、フーバーはマッカーサーに対し、日本との戦争は「対独戦に参戦する口実を欲しがっていた『狂気の男』の願望だった」と指摘。在米日本資産の凍結など41年7月の経済制裁はhttp://sankei.jp.msn.com/world/news/111207/amr11120722410009-n2.htm

質問者:匿名
質問日時:2011-12-08 01:27:37
カテゴリ:ニュース・時事>政治

ベスト回答
アメリカでは開戦前(真珠湾攻撃前)に、国務省からヒュー・ボートンに指示。「戦争を屈服させた後に、日本をどのように処理するか」「対日講和条約」の案をつくれ。

《第一次対日講和案》
「日本を占領したら、完全に非武装化する」「なんでもアメリカの言うことを聞くように徹底した民主化をすすめる」「天皇制は在位させ利用する」「日本政府は存続して間接統治する」「永久に軍隊は持たせない」「軍事産業も一切禁ずる」「航空機は民間航空でも一機も持たせない」「原子力の平和利用も許さない」「戦略物資を買ったり調達することも許さない」

占領軍指令管マッカーサーに対し、「第一次対日講和」案に基づいた憲法を日本に強要するように」と指示。

アメリカから押し付けられた憲法となると、国際的問題にも日本人の感情を荒立てることになるとして、日本人が自ら作ったように公表した。

これをみると、戦後の日本はホントにアメリカの思う壺です。
WGIP(=戦争についての罪の意識を日本人に植え付ける宣伝計画。罪意識扶植計画)なんてものもありました。ポツダム宣言は、軍事力は無条件降伏だったが、思想・言論の自由は認めていたものなのに、憲法の押し付け、言論の規制(新聞検閲)、私書簡の開封、教科書の押し付けなどなど、アメリカの暴挙には枚挙のいとまがないくらいです。

事実をしっかり見極め、過去の責任追及でも批判でもなく、「ともだち作戦」で惑わされることなく、国際社会(外交)は厳しいものだという認識は持つべきです。自国の利益がまず第一なのは当然で、自国に益なしとなれば有利なように外交を強要してくるでしょうし、譲歩・妥協点が見出せなかった先は戦争になるのです。「友好国」だから守ってくれるというのは幻想です。

回答者:匿名
回答日時:2011-12-08 14:09:32

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/6件中
そうかもしれませんね。日本の暗号とかも解読されていたという話...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-12-14 02:25:37

この回答の満足度 ★★★★★
多分利用されたんですね。真珠湾攻撃も日本が攻撃するぞと通告し...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-12-10 14:25:55

この回答の満足度 ★★★★★
日本は利用されたと思います。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-12-08 17:34:36

この回答の満足度 ★★★☆☆
本当なのかな…まあ日本は利用され続けているように感じますけど...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-12-08 11:36:35

この回答の満足度 ★★★★★
日本は最初から眼中になかったってことか。アメリカで一番多いの...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-12-08 10:41:44

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ