Sooda!
 閲覧数:56
金総書記死去をうけ、韓国ウォンが米ドルに対して急落しているようですが、どのあたりまでいくでしょう?

質問者:匿名
質問日時:2011-12-19 13:56:09
カテゴリ:ニュース・時事>経済

ベスト回答
もう12月も3週目。欧米バイヤーは今年度の〆をした人が殆どですので、大きな流れにはならないですよ。
所謂「クリスマス相場」ってヤツです。
但し、そのため流動性が低くなっていますから、投機筋が暴れるのにいい環境ですね。
ボラティリティは急騰するでしょうが、基本「往って来い」だと思います。

まあ、もう一段バッドなNewsが出ればわかりませんが。
ただ、Newsが出た時には終わってるのが相場ですからねえ・・・

回答者:とくめい
回答日時:2011-12-19 15:29:11

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/5件中
もっともっと安くなりますよ。市場でもまだ様子見です。葬儀が終...詳細

回答者:2027
回答日時:2011-12-21 16:30:53

この回答の満足度 ★★★★★
国のトップが死んでの影響は、一時的なものだと思います。すぐ...詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-12-20 10:12:35

この回答の満足度 ★★★★★
一時的なものですぐに落ち着くと思いますよ。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-12-19 22:47:56

この回答の満足度 ★★★★★
東京市場はあまり動かなそうです欧州そしてNYの市場が開いてど...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2011-12-19 14:51:55

この回答の満足度 ★★★★★
南北間での緊張状態が続きそうですが、個人的にはあと1週間もす...詳細

回答者:・・・・・・
回答日時:2011-12-19 14:12:38

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ