Sooda!
 閲覧数:183
朝鮮統治が大赤字だったというのは本当ですか。補填はどのように行われたのか知っていますか。

〜 補填は日本人の血税から(日本の一地方だったわけだから当然ですが・・) 〜


宇垣総督時代の総督府予算は昭和5年で、約2億円の規模であった。それに対し、朝鮮内部の税収は5千万円程度。日本の政府予算 (すなわち日本国民の税金)から、毎年千数百万円から2千万円の規模の補填がなされた。この予算獲得のため、総督府の関係者が帝 国議会や大蔵省の説得に奔走したというから、官僚の世界は今も昔 も変わりない。それでも足りない分は、日本の金融市場から集めた公債によってまかなわれた。p142
ちなみに大英帝国支配下のインドでは、その予算の1/3を国防費の名目で、イギリスに納めていた。それにも関わらず、第2次大戦で徴集した264万人のインド兵の費用は、イギリス人将校の給料も含めて、インド自身に負担させていたという。p179
黄文雄「歪められた朝鮮総督府」光文社

質問者:匿名
質問日時:2011-12-22 12:09:17
カテゴリ:ニュース・時事>政治

ベスト回答
はい。ある程度は知っています。朝鮮統治は日本の持ち出しでした。
道路・鉄道・橋・病院・学校その他の公共施設の整備に大金が掛かったのです。

回答者:匿名
回答日時:2011-12-25 00:54:47

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 0〜0件/0件中
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ