Sooda!
 閲覧数:74
東電は、水深5000メートルの泥にあるセシウムを回収する術をもっていますか。

東北の太平洋、原発放出 2011.12.23 21:05

東日本大震災の震源域である東北地方の太平洋海底で、水深約5000メートルの深海の泥から、東京電力福島第1原発事故で放出されたとみられる放射性セシウムが検出されたことが、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)などの研究グループの調査で分かった。

セシウムが検出された泥は水深約120メートルから約5000メートルまで広く分布。全体として高濃度ではないが、測定結果についてグループの池原研・産総研副研究部門長は「おおむね、福島県に近いほど濃度が高い傾向にある」としている。

グループは今年夏、宮城県・仙台沖から岩手県・大槌沖の海底(水深約120〜5000メートル)で堆積物を採取。採取場所の13カ所全てでセシウムを検出した。同時に採った海底の生物からは検出されなかった。

濃度はセシウム134、セシウム137ともに1キログラム当たり数ベクレル程度。http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111223/dst11122321060013-n1.htm

質問者:匿名
質問日時:2011-12-24 01:51:01
カテゴリ:ニュース・時事>政治

ベスト回答
泥を取ってくる自体は海底に当たると蓋が閉じる仕組みで良いので、階乗から投げ込めば良いので可能ですが、一番深い所でも7000mですし、一番近くても原発から150Kmも離れた所になります。
セシウム137の半減期は30年、セシウム134は約2年でウラン235の核分裂で作られる、福島第一で使われているの核燃料の中に5%が含まれる、またウラン235から出来るセシウム134は微量と言う事です。
問題なのはセシウムは水溶性だと言う事と、海洋中の分布はそのほとんどが浅い水深200m付近と言う事です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%B7%E3%82%A6%E3%83%A0137
wikipediaを信じるなら5000mの深海に測定できるほど存在するなら、200m付近はとんでもない量でしかも海流で太平洋に相当拡散している事になりますが、何を信じて良いのか良く判りません。
そもそも150Kmの沖合の推進5000mを調べる意味が不明で、原発周辺の海域から500m単位で放射線状に分布図を取るほうがよほど意味があると思います。
何故に分布図を発表しないのか?凄く無意味なものに、無駄にお金を使っただけのような気もします。
===補足===
何故にIMEはこうばかなのか、海上から投げ込めば が 階乗から投げ込めば すいません変換ミス見落としてました

回答者:匿名
回答日時:2011-12-24 03:11:38

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/24件中
おそらくはないでしょうね。詳細

回答者:匿名
回答日時:2011-12-31 01:18:55

この回答の満足度 ★★★★☆
東電に限らず、原発が事故を起こさなくても、耐用年数を過ぎた原...詳細

回答者:団塊
回答日時:2011-12-30 22:13:49

この回答の満足度 ★★★★★
持っていないです。世界中を探しても回収できる企業はないと思い...詳細

回答者:ユニコーン
回答日時:2011-12-30 22:13:44

この回答の満足度 ★★★★★
まず持っていません。範囲が広すぎます。詳細

回答者:トクメイ
回答日時:2011-12-30 21:18:00

この回答の満足度 ★★★★★
東電さまは、そんなもの持っちゃいませんよ。なんでも想定外で片...詳細

回答者:あるいみ暴力団
回答日時:2011-12-26 12:28:17

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ