Sooda!
 閲覧数:120
現在、日本の財政は、税金で約4割、国債などの公債金収入約5割でまかなわれている。平成23年度末の公債残高、いわば国の借金の合計は、約667兆円(見込み)にも上り、この金額は、一般会計税収の約16年分にも相当する。経済ジャーナリストの荻原博子さんはこう話す。

「ただし、国債の95%をもっているのは日本人。つまり、この借金はお父さんがお母さんにお金を借りているようなものなのです。欧米のように、他国に国債を買われている場合は、厳しい取り立てに遭う可能性はありますが、日本の場合は、身内同士の借金ですから『待った』が効くのです。


http://news.infoseek.co.jp/article/postseven_79844

という意見があったのですが、身内同士の借金ということで、日本人所有の期限が来ている国債の償還ができなかったりする可能性があったりするのでしょうか?

質問者:匿名希望
質問日時:2012-01-09 21:03:10
カテゴリ:ニュース・時事>経済


↓↓現在集まっている回答 1〜5件/11件中
このままじゃ本当にやばいですよね。増税見直しとか言っていない...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-01-16 17:46:39

この回答の満足度 未設定
赤字国債の乱発ですから、問題なし。詳細

回答者:斎藤しのぶ
回答日時:2012-01-11 14:33:01

この回答の満足度 未設定
身内同士の借金でも返せないときはあると思います。そのときはき...詳細

回答者:ヒーコ
回答日時:2012-01-10 19:41:27

この回答の満足度 未設定
今の所自転車操業は続いていますがチェーンが外れるときが来ると...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-01-10 16:08:43

この回答の満足度 未設定
そうかもしれません。その日が来るのはわかっていたのです。詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-01-10 09:34:42

この回答の満足度 未設定
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ