Sooda!
 閲覧数:76
地震災害は続くものなのですか。

貞観元年(859年)、河内・和泉両国の陶窯用の薪山争い起こる。饒益神宝を鋳造する。
貞観3年(861年)4月7日、直方隕石が落下。落下の目撃がある世界最古の隕石。
貞観6年(864年)、富士山噴火(貞観大噴火)。
貞観8年(866年)閏3月10日、内裏朝堂院の正門・応天門が放火によって炎上、これを巧みに利用して伴氏・源氏の追い落としに成功した藤原良房は、同年8月19日、天皇の外祖父であることを理由に人臣初の摂政に任命された。応天門の変。
貞観10年(868年)7月8日、播磨国で地震。日本三代実録によれば官舎、諸寺堂塔ことごとく頽倒の記述。前年から引き続き、毎月のように地震があったことも見受けられる。
貞観11年(869年)、格12巻が完成。貞観地震とそれに伴う貞観津波が発生。貞観の韓寇。
貞観12年(870年)、貞観永宝が鋳造される。
貞観13年(871年)、式20巻が完成。貞観格式の完成。鳥海山噴火。
貞観16年(874年)、開聞岳噴火。
===補足===
なぜだまっている?!

質問者:匿名
質問日時:2012-01-29 20:46:06
カテゴリ:ニュース・時事>地震・災害

ベスト回答
続きますね。
これは地球の自然現象なので、地震多発地帯に位置している日本列島はどうしようもないです。
今回の東日本大震災など大きな地震の後には、その影響で地震が多発するのは明白ですね。
また東海〜南海、あるいは首都直下あたりの地震の前後では、富士山の噴火につながる危険性もあるので、警戒が必要ですね。

回答者:匿名
回答日時:2012-01-29 22:50:08

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/16件中
続きますね。悲しい現実です。詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-02-05 20:35:44

この回答の満足度 ★★★★★
実際に続いてますよね。詳細

回答者:ラッキー
回答日時:2012-02-05 20:34:05

この回答の満足度 ★★★★★
続くと思います。嫌な時代になりました。詳細

回答者:とくめい
回答日時:2012-02-04 21:45:22

この回答の満足度 ★★★★★
続くものだと思います。詳細

回答者:sooda
回答日時:2012-02-03 15:21:10

この回答の満足度 ★★★★★
地震大国ニッポンですから、これからも永遠と立ち向かっていか...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-02-01 11:36:19

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ