Sooda!
 閲覧数:146
福島第一原発で配管などで凍結による水漏れ 東電、指摘があったにもかかわらず凍結対策を半年間放置
どう思いますか?


福島第一水漏れ 東電、凍結対策を放置

2012年1月31日 07時14分

福島第一原発の配管などで凍結による水漏れが相次いでいる問題で、東京電力が昨年夏の時点で、
冬季の凍結による配管破損の危険性を認識していたにもかかわらず、
対策をせずに数カ月間放置していたことが三十日、東電などへの取材で分かった。

東電は三十日にも、浄化した汚染水を蒸発濃縮する装置付近など新たに四件の水漏れが見つかったと発表、
発生件数は二十三件に上った。

東電の説明では昨年夏、高濃度汚染水を浄化し原子炉の冷却に再利用する循環式冷却をより安定化させる方策を検討。
その際、現場の作業員などから、今のうちに凍結防止対策として、配管に保温材を巻くことや、
ヒーターを設置すべきだとの意見・提案があった。

しかし、東電は作業員確保が難しいことなどを理由に、対策を先送りした。
ごく一部で対策を始めたのは、既に冷え込んだ昨年暮れになってからだった。

作業員らの指摘通り、寒さが本格化した一月八日に4号機使用済み核燃料プールの熱交換器で起きたのを皮切りに、水漏れが多発。
いずれも保温材やヒーターがない配管で起きていることから、凍結による水漏れが確実視されている。

東電の松本純一原子力・立地本部長代理は本紙の取材に「凍結防止対策の必要性は認識していた。
工事の準備は夏から進めていたが、水処理設備の安定化といった作業を優先した」と、先送りしていたことを認めた。

今のところ、高濃度汚染水の漏出や原子炉の注水停止といった深刻な事態は起きていないが、
廃炉にめどがつくまで長期安定の水循環は不可欠。
東電は「パトロールを強化していく」としているが、冬季前に対策を終えていれば、
水漏れの対応に人員が取られる事態も防げた可能性が高い。

(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012013190071414.html

質問者:匿名希望
質問日時:2012-02-01 01:27:47
カテゴリ:ニュース・時事>社会

ベスト回答
後手後手に回ってますよね。。
凍結するなんて予測出来ますし、指摘もされてたのですよね。。。
東電関係の情報を聞く度に怒りしか沸かないですね。

回答者:匿名希望
回答日時:2012-02-01 01:33:03

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/14件中
おそらく現場も何が大事か分かっていないのでしょう。怖いです。詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-02-08 00:38:16

この回答の満足度 ★★★★★
心底呆れてしまいます。この手のニュースを耳にする度にそう思い...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-02-04 17:00:07

この回答の満足度 ★★★★★
作業員確保が難しい ???このような時に言う言葉ではありませ...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-02-02 10:55:09

この回答の満足度 ★★★★★
信じられないことです。国民はもっと考えた方が良いです。詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-02-01 20:49:08

この回答の満足度 ★★★★★
相変わらず何も考えていない会社ですね。それでもってボーナス...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-02-01 20:28:00

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ