Sooda!
 閲覧数:210
10年後の日本の食料品の価格は自由化などの影響で現在よりも値下がりしていることが期待できますか、あるいは為替の変動や食糧の需要の高まりで大きく値上がりしているでしょうか。大手メーカーの食パン一袋現在160円として10年後はいくらくらいになっていますか

質問者:匿名
質問日時:2012-02-12 20:22:48
カテゴリ:ニュース・時事>経済

ベスト回答
TPPで輸出入が自由化すれば、輸入食品は安くなるでしょう。
例えば、既にバナナやオレンジは自由化されています。ですから下がらないと思います。
牛肉もあまり下がらないと思います。豚肉は下がります。鶏肉は下がらないと思います。
乳製品、バター、チーズなどはかなり下がるでしょう。
大きく下がりそうなのは、小麦、米でしょうか。しかし、このあたりは本当に自由化されるのでしょうか。疑問です。
聞くところでは、アメリカでは、パンの値段は非常に幅があり、普通の物は日本とあまり変わらないが、安い物は非常に安いそうです。これは小麦の値段が安いからだと思います。
自由化されれば日本でも、そういう非常に安い物、例えば食パン一斤が30円くらいと言うような物が出てくるかもしれません。
しかしそこまで安くするのは製造流通コストもあるので、難しいかもしれません。
すでに、食パンでも安い物は70円程度の物が有るのを見ていますので、どうなのかな思います。
ちなみにに69円の食パンは近所の某ドラッグストアで常時売っていまして、有名大手メーカーのものです。材料を見て見ると、油脂にラードを使っている事以外は普通です。
食べて見ましたが、某最大大手スーパーのプライベートブランドより高そうな味がします。
10年後、日本が競争力を減らし、円も安くなっていれば、インフレが起きパンも高くなっているかもしれません。国内産小麦も国際相場に近い値段になっているかもしれません。
私には、単純な予想は出来ないと感じています。
パンは安くなっても、今安く買っていてその事に気づいてもいない食品が高価になっている可能性もあります。
例えばバナナとか、チョコレートとか、紅茶とか、輸入飼料の高騰で卵や国産鶏肉が高価になっている可能性もあります。

で、まじめな話、私には10年後の事は予想できません。想像してもSFのような頼りない想像になってしまいます。不確定な要素が多すぎるように感じます。
===補足===
今小麦粉は、1kg200円くらいです。食パン一斤の小麦粉は安い、つまり小さめの物で200gくらいでしょうか。
つまり今現在でも150円の食パンのうち小麦粉が占めている値段は2-30円です。これが0になっても、120円です。そう考えると120円以下にはならない事になりますね。

回答者:匿名
回答日時:2012-02-12 21:45:01

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜3件/3件中
値上がりするでしょうね。世界的に食料が不足するのは目に見えて...詳細

回答者:放射能と飢餓
回答日時:2012-02-14 09:17:12

この回答の満足度 ★★★★☆
あがるでしょう。穀物は投棄で安定しないでしょうから。200円...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-02-12 23:19:49

この回答の満足度 ★★★★☆
10年後にはパン一袋 100円になっているでしょう。詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-02-12 20:25:15

この回答の満足度 ★★★★☆
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ