Sooda!
 閲覧数:86
「外国人参政権否定は差別」は不適切 公民教科書の採用中止求め提訴へ

在日韓国・朝鮮人の参政権を認めないことを差別として取り扱っている公民教科書を採用するのは「参政権は憲法上日本国籍を有する国民に限られる」とした最高裁判決に反し、不適切などとして、福岡県内の医師ら3人が、採用を決めた同県教委と今春から使用予定の県立中学3校を相手取り、採用の決定などの取り消しを求めて16日に福岡地裁に提訴することが分かった。原告によると、外国人参政権についての教科書記述をめぐる訴訟は初めてという。

訴状によると、県教委は今春からの中学の公民教科書について平成23年8月、日本文教出版と東京書籍の2社を決定し、今春から県立中3校で使用する。

日本文教版は「在日韓国・朝鮮人差別」の項目の中で「公務員への門戸は広がりつつあるものの、選挙権はなお制限されています」と差別の一例として記述。

東京書籍版も同様の項目の中で「日本国籍を持たないため、選挙権や公務員になることなども制限されています。日本で生まれ生活していることや歴史的事情に配慮し、人権保障を推進していくことが求められています」と記載している。

原告側は「参政権の制限は差別ではなく、こうした記述は平成7年の最高裁判決に反する誤った説明。教育基本法にも違反する」と指摘。さらに福岡県議会が22年3月、「永住外国人への地方参政権付与の法制化に慎重に対応する」よう求める意見書を可決したことにも反するとしている。

原告代理人の中島繁樹弁護士(福岡県弁護士会)は「7社が発行する公民教科書のうち5社で同種の記述がある。全国の中学校の大半がいずれかの使用を決めており、多くの生徒に誤った見解を植え付けてしまう」と話している。

外国人参政権をめぐっては、2年に大阪の在日韓国人らが選挙権を求めて提訴したが最高裁は7年2月、「参政権は憲法上日本国籍を有する国民に限られる」として訴えを棄却。ただ、法的拘束力を持たない判決の傍論で「(地方参政権付与は)憲法上禁止されているものではない」とし、推進側の論拠になっている。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120216/trl12021607010001-n1.htm


訴えられた福岡県教育委員会と県立中学校をどう思いますか?

質問者:匿名
質問日時:2012-02-18 03:04:38
カテゴリ:ニュース・時事>社会

ベスト回答
選挙権がほしいのならなぜ本国の投票制度を利用しようとしないのかな。
せっかく在外同胞のためにという配慮で新たな制度ができたに…。その制度を利用すれば選挙権が持てますよと言いたいですね。
そもそも選挙権は国籍とワンセットだと思います。国籍は違うけど選挙権がほしいと言うのは違うと思いますね。

回答者:匿名希望
回答日時:2012-02-18 09:24:06

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/9件中
ここは日本だ。在日はうるさい。詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-02-19 22:02:54

この回答の満足度 ★★★★★
日本人でありながら何故そういう教育で子どもたちを洗脳したいの...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-02-19 01:45:18

この回答の満足度 ★★★★★
妥当な訴えだとおもいます、この訴えが無ければ福岡では外国人参...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-02-18 15:22:24

この回答の満足度 ★★★★★
外国籍のままで日本の政治に関与したいと言うのは「内政干渉」を...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-02-18 14:47:14

この回答の満足度 ★★★★★
参政権を認めないというのが現状の事実なので、教科書や学校を訴...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-02-18 12:27:00

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ