Sooda!
 閲覧数:77
お世話になります。
郵政改革についてあんまり理解できなかったので質問したいと思います。
郵政株式売却凍結法についてですが、ゆうちょ銀行とかんぽ生命の全株式を2017年までに放出するのを止めさせるというような説明を受けたのですが、どうしてこのようになったか経緯を踏まえて説明してもらえないでしょうか。
よろしくご回答願います。

質問者:匿名
質問日時:2012-02-20 00:00:06
カテゴリ:ニュース・時事>社会

ベスト回答
民営化しても、各部門の経営がきちんと成り立ってゆくかどうかを確認するための期間ではないかと理解しています。最初からそれを云っては、万全の体制の自信もないのに何故民営化するのかといわれるのが嫌で、このような株式売却凍結でお茶を濁したのではないでしょうか。

現に、郵便事業会社の赤字、貯金の年を追っての減少、過疎地の問題等々次々と問題が発生している筈です。的確に報道されていないだけではないでしょうか。

もともとアメリカの要請指示に基づいての民営化ですから、無理があったことは明らかで、だから国民新党が見直し改革案をがんばっているのだと思います。

もうここまできたら、もっと問題点を明確にして早く良い体制を組んで欲しいものです。解散だ、増税だと子供の喧嘩のようなことばかりで明け暮れないで、生活に密着したことをスピード感を持って進めてゆくのが本来の政治家の使命思っています。

回答者:あまのじゃく
回答日時:2012-02-20 17:53:11

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 0〜0件/0件中
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ