国内の曲:
大滝詠一「ペパーミント・ブルー」
歌詞の中に「斜め横の椅子を選ぶのは、この角度からの君がとても綺麗だから」というのがあり、学生時代この歌詞にクラクラしました、「一回でいいからこんなこと言われてみたいと」。でも実際ここまでキザなセリフを言われたらドン引きます、今は。
大滝詠一は細野晴臣もいた「はっぴいえんど」出身です。「はっぴいえんど」、彼らはもう神様ですね。

海外の曲:
アバ「ダンシング・クイーン」
歌詞としては純粋なラブソングではないですが、アバのキラキラとしたボーカルと、歌詞の中の17歳の女の子の生き生きとした青春のキラメキが輝いていて圧倒されます。

回答者:とくめいきぼう
回答日時:2012-02-20 23:40:32

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
ハッピーエンドにいたんでしたね、シュガーベイブと勘違いしてました。
この2曲とも勿論知ってますよ、いい曲ですよね。
また聴いてからコメント入れますね、いつになるやら(爆)
[*]前へ [#]次へ

ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ