Sooda!
 閲覧数:214
「アメリカのNRC(原子力規制委員会)は21日、福島第1原子力発電所の事故直後の議事録を公開し、3つの原子炉がメルトダウンする可能性など、アメリカ政府が当時、強い危機感を抱いていたことがわかった。」

日本の議事録も作らないいい加減な政府とはエライ違いですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20120222-00000776-fnn-int

質問者:匿名
質問日時:2012-02-22 20:32:28
カテゴリ:ニュース・時事>政治

ベスト回答
アメリカ政府の危機感は3月11日に時点で、米軍機で核反応を抑制するためのホウ酸水100トンの空輸で明らかで、クリントン長官からの申し出を管元総理が断って、米軍機が引き返した、またその事実は極秘事項にしてくれと頼んだ、と言う情報が14日にはアメリカサイドから情報流出していたこと、またそれを大村知事が伝えた事でも明らかです。
http://www.asyura2.com/11/senkyo110/msg/341.html
http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/352.html
またフランス政府も3月18日にホウ酸100トン、防護服1万着、原子炉内さぎょ用ロボットを軍用機で緊急空輸してそれを伝えた所、日本政府にいらないと断られた、フランスに引き返したので、フランスにいる友達は、何故日本は無償での提供なのに断るのかと聞いてきました、答えようがなかったですが。
http://ameblo.jp/saara7/entry-10830039361.html
それ以外にも原発の電源喪失、日本の発電車を200台終結したが、原発に使う電圧と違うので1台も使い物にならなかったが、12日当時、電源喪失の報道で日本の米軍には適合できる発電車があり、貸し出しを米軍側から打診したが断られたと言う談話が、出ていました。
それ以外にもポンプやも断ったとか、そして、管総理の警察庁への何とかしろの一言で、警察の機動隊の放水車時間をかけてわざわざ出向いて、何もできないで帰ってきて、次は自衛隊、こっちも現地で散々待たされて、やってはみたがうまくいかなかった、そして、事故以来出動要請がいつ来るかと待っていた、消防のハイパーレスキューにやっと支持が出たので、東京から出動した、本来出動要請があれば現地に行っていても良かったものだし、放水なら一番のプロ集団を最後まで使わなかったし、現地で待機もさせなかった。
これら全てを、記録として取っていたら、民主党は消えていてもおかしくないです。
チェルノブイリは原子炉の天井が吹き飛んだので、やばいと、即座にホウ酸を混ぜた砂を大量投下して、あの程度に抑えた事を考えれば、原子炉の再使用を考えてホウ酸投入をためらった、民主党首相は万死に値するでしょう、常識的に非常事態宣言を出して、原発を東電管轄でなく政府管轄として危機対応するのは常識なのに、未だに原発は東電の物で政府は責任回避をしている、例えばアメリカなら即座に財布管轄になり、ホウ酸などを大量投入してメルトダウンを防ぐことを優先します、原子炉再利用を東電に言われて、従う政府はあり得ないでしょう、そんな連中が、メルトダウンを考えて行動すると思いますか?
http://blog.livedoor.jp/gere_mob/archives/3612317.html

回答者:匿名
回答日時:2012-02-22 22:27:49

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜2件/2件中
地震発生当初志賀高原のスキー場で働いていました外人がメチャメ...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-02-23 20:08:41

この回答の満足度 ★★★★★
確かにそうですね。どういうシステムで議事録を作ったかわかりま...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-02-22 20:50:56

この回答の満足度 未設定
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ