Sooda!
 閲覧数:210
下にある文を翻訳してほしいです!!ヤフーやグーグル、エキサイトなど・・・いろいろと試したんですが変な文章になってしまうんです・・・。今日中にはリポートを書かないといけないんです。沢山のの回答を待っています!!



スペック

『分類』
プトレマイオスの48星座
『赤経』
05h 20m
『午後 8時に南中する月日』
2月5日
『有名な星雲星団』
M42, M43, M78,バーナードループ、馬頭星雲(IC434)

『明るい恒星』
ベテルギウス、リゲル、ベラトリクス、ミンタカ、アルニラム、アルニタク、サイフ、ハチサ、ナイフ

『出会い方』
北天でもっともよく知られた冬の星座であるオリオン座は、2月の上旬の午後8頃南中する。2等星が三つ斜めに並んだ『三つ星』を中心として、ベテルギウスやリゲルという1等星やそのほかの明るい星々で作られた勇者の姿はとてもよく出来ていて、一度覚えれば冬の夜空にその姿をすぐ見つける事が出来るだろう。

『プロフィール』
古代バビロニア時代には天の狩人と呼ばれたという古い星座で、世界各地で勇者の姿として見られていた。プトレマイオスの48星座の一つ。三ツ星の南側にはたてに並んだ小三ツ星がある。その真ん中には肉眼でも存在がわかるオリオン大星雲M42がある。双眼鏡や望遠鏡で見ると蝶が羽根を広げたような姿が美しい。ほかに馬頭星雲も有名だ。

『ギリシア神話』
オリオンは海の神ポセイドンとアマゾンの女王エウリュメノを両親とした、水上を歩くことができる巨人だった。クレタ島に渡り月と狩りの女神アルテミスに仕え恋人になったが、野蛮なオリオンが嫌いなアルテミスの兄である太陽の神アポロンの悪だくみにより、アルテミスの矢で射殺されてしまう。アルテミスはそれを嘆き悲しみ、オリオンを天に上げて星座にしたのだという。

質問者:マリア
質問日時:2012-03-01 20:27:45
カテゴリ:仕事・キャリア>スキルアップ・資格>留学・MBA


↓↓現在集まっている回答 0〜0件/0件中
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ