Sooda!
 閲覧数:107
憲法改正についてよく議論に挙がるのが、憲法9条の改正の是非についてですが、改憲派が思う現行の憲法9条では足りていないと思われる事柄というのは具体的に何なんでしょうか?

というのも、自衛隊が実質的な軍隊であり、現行9条ではその存在が違憲なので、憲法9条は改正するべきであるというのであれば、すごくわかりやすいのですが、改憲派の人の意見を聞いていると、現行9条でも、自衛隊の存在は合憲で少なくとも否定はされていないと考えているにもかかわらず、是が非でも憲法9条を改正しなければならないとしているところにやや違和感を感じています。

ただ単に、現行9条を「明示」するためだけに、必至になって憲法9条改憲を訴えているとは考えづらいのでは?と思っています。これだけの理由だったら、ここまで必至になる必要はないからです。

思うに、改憲派の人は、本当は、現行9条の条文から、自衛隊を肯定するのは困難であることを自認しているのではないでしょうか。

質問者:ほう
質問日時:2012-03-12 08:49:49
カテゴリ:ニュース・時事>政治


↓↓現在集まっている回答 1〜3件/3件中
憲法9条の問題を論じると、恐らく長くなると思いますが、本日は...詳細

回答者:長文になってしまい、失礼!
回答日時:2012-03-17 10:10:11

この回答の満足度 未設定
自衛隊が 本当に自衛手段を持ち武器を持ち 相手を攻撃すること...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-03-12 14:28:15

この回答の満足度 未設定
国外でも自衛隊が武装するためだと思います・・・詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-03-12 10:08:31

この回答の満足度 未設定
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ