Sooda!
 閲覧数:404
大学入試で面接や人物考査を課さないっどうなんですか?
戦前の高等教育機関の入学試験には筆記のみならず、面接での人物考査も重要とされたそうです。戦後、入学者激増において面接はむしろ少数となりました。
しかし、大卒後の実社会では、筆記よりも面接での人物考査や対人的能力が重要視されています。それなのに、いまだに大半の大学が面接なしでいいのでしょうか?
===補足===
戦前の旧制中学も旧制高等学校や陸軍士官学校、師範学校、それに私立大学予科ではどこも面接が重要視されてました。
『教養主義』の旧制高校(現在でいう大学)が、選抜において、単に筆記試験だけでなく、内申・口頭試問そして人物考査を重要視したことをどう思いますか?

質問者:ハマチ
質問日時:2012-03-20 17:27:26
カテゴリ:子育て・学校>受験・進路>大学生


↓↓現在集まっている回答 1〜5件/5件中
今では大学が欲しいのは生徒=お金です。優秀な人材が欲しいと思...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-03-26 18:00:01

この回答の満足度 ★★☆☆☆
大学は別に実社会のための養成を行う場ではないので構わないでし...詳細

回答者:学会前
回答日時:2012-03-26 11:01:14

この回答の満足度 ★★★★★
面接でわかることがそれほど多いとは思えないので、面接を課さな...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-03-24 18:24:08

この回答の満足度 ★☆☆☆☆
学生数が多いところは時間がかかるっていうのもやらない理由の一...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-03-20 21:55:24

この回答の満足度 ★★★★☆
最近では結構な数の大学でAO入試等の推薦制度を採用しており、...詳細

回答者:筆記試験は公平
回答日時:2012-03-20 20:46:18

この回答の満足度 ★★★☆☆
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ