Sooda!
 閲覧数:41
[瓦礫処理の本当の狙いは何か?]・・・
財務省によると、瓦礫処理は巨大な公共事業である事がわかります。
平成23年度から26年度末までに、1兆700億円が予算化されています。
そのお金の流れは・・・・
国(復興予算) ⇒被災市町村 ⇒ 被災県(宮城県、岩手県) ⇒ 受入れ自治体(東京都など)==つまり、広域瓦礫処理は、被災地のために、美しい心でするのではなく、受入れ自治体は、何も自腹を切らず、しっかり儲けられるのです。
その処理単価は、好意的なのでしょうか?いえ、いえ、驚くことに、通常よりずっと高いのです。
過去の震災の処理単価と今回の処理単価(トン当たり)
阪神淡路震災 約22,000円 新潟中越地震 約33,000円
東日本大震災の場合
岩手県 63,000円 宮城県 50,000円
東京都 68,000円 静岡県島田市 100,000円
(*東京の費用は、被災地での測定処理費用を入れていない。入れると100,000円程度)
注:通常の産業廃棄物処理費用は、トン当たり2-3万円、特別医療用廃棄物(特殊な炉使用)で、7万円程度。
・・・こういう記事を見つけたのですが、私は素人でよく分かりません!
これは本当のことでしょうか??
===補足===
http://m-epoch.com/gareki/garekishorinosinjitu.html
これを参考にしました!

質問者:とくめい
質問日時:2012-03-27 08:24:08
カテゴリ:アンケート


↓↓現在集まっている回答 1〜3件/3件中
はい 本当です。所詮は 金か。詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-03-27 17:29:05

この回答の満足度 未設定
本当らしいですねとんでもない話です詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-03-27 12:33:31

この回答の満足度 未設定
本当のことだと思います。前から言われていたのに、政府が国民の...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-03-27 11:18:34

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ