Sooda!
 閲覧数:93
なぜ高校野球の春、夏の全国大会は甲子園球場で行われるのですか?

質問者:匿名
質問日時:2012-03-28 01:13:31
カテゴリ:趣味・エンターテイメント>スポーツ・アウトドア>野球

ベスト回答
現在、夏の甲子園大会は朝日新聞社と高野連ですが、
朝日の本社が大阪であった事で、関西での開催がスタートしました。

第1回は、1915年で、大阪府豊中に在った豊中球場で行われました。
しかし、
当時は当時は学校が自腹で参加していた為、朝日新聞は遠征費等を考慮し
幾つかの球場を巡って開催する事を考え、
最初に決まったのが兵庫県西宮に在った、阪神電鉄所有の鳴尾競馬場内の球場で
第3回からはコチラで開催。
処が、
鳴尾球場は、競馬場のトラックの内側のフィールド内に在った為、常設の観客席は作れず仮設で
年々人気が出て観客が増えた事や、元々土質が悪かった事などで、
更に朝日新聞は、本格的な野球場を建設する事を考えました。
丁度同じ頃、
阪神電鉄も野球場の建設計画を立てていた事から、双方の意見が一致し
1924年に甲子園球場が完成し、この年からコチラで開かれる様になりました。

完成した年の干支が「きのえね=甲子」であった事から「甲子園」になったとか・・・・・

春の選抜は
当時の旧制和歌山中学が、
大毎・・・即ち大阪毎日新聞社(現在の毎日新聞社)の野球部にコンタクトした事がキッカケで
第1回は、1924年に名古屋の八事球場(当時は山本球場)で開催されました。
毎日新聞社も、開催地を変える事を考えた様ですが、
結局、第2回から甲子園球場になり
その後、
春・夏含めて、今日までで1度だけ神宮球場で開催された事がありますが、それ以外は全て甲子園です

上記の経緯でお分かりの通り
甲子園球場は、高校野球(当時は旧制中学)の為に作られた野球場で
阪神タイガースは1935年に発足ですので、その後の事です。
(但し、どちらも親会社は阪神電鉄)

同様に、神宮球場も元々「東京6大学」の為に作られた球場で、
建設時に一部6大学側が費用を寄付した事から、
今日でもスケジュールは、プロ野球より6大学野球のが優先ですし、
実際、例えば私も6大学出身ですが、
「ヤクルトスワローズに貸してあげている」と云う意識しかありません。

回答者:paradis
回答日時:2012-03-28 09:54:25

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜2件/2件中
東洋一の 大球場甲子園球場が出来上がったのでそちらの方が話題...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-03-28 15:32:07

この回答の満足度 ★★★★★
鳴尾で行われた際に観客が場内になだれ込む事件があったので、新...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-03-28 10:40:54

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ