Sooda!
 閲覧数:105
野田総理大臣は「被災地のがれきを引き受けるわけだから、(中略)
処分場の拡充や新たに処分場を建設するということも出てくる。
その財政的な負担をこれからは国がしていく」と述べ、
がれきの受け入れを検討している自治体に対して国が財政支援を行う考えを明らかにしました

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20120305ddm002040111000c.html

やっぱりおかしいです。それだけの手間と大金を使ってまで広域処理する必要性がどこにあるのでしょうか?

被災地に造った方が合理的で速いです。
広域処理に使う費用を被災地で使うべきだと思うのですが。

質問者:匿名
質問日時:2012-03-30 19:45:22
カテゴリ:ニュース・時事>政治

ベスト回答
被災地に作るのが最も適切なのは当然で、そもそも低い土地は住宅を作る許可を出さないでいるのだから処分場を作る余裕はあるし、木造家屋が多いのと、山林の荒廃対策にも、ドイツの様に(ドイツは麦の茎(麦わら)を燃やす火力発電をやっていて、日本でも長野の山林組合や千葉の一部、磐梯山で木材廃材のチップを使った火力発電所、等を関節して、政府が買い上げて東電から政府が徴収するという形を取れば良い、というのも海水で塩分があるので、燃やせば必ずダイオキシンは発生します、ならダイオキシンの濾過装置を付けた煙突と償却灰からダイオキシンを除去する設備が必要になります、それを各自治体が持つ必要もなく、またどの自治体も将来的にゴミの処理に困っていた筈、だったら更地になった被災地で大規模な最新のゴミ処理設備を作るほうが合理的、ゴミの文さえきちんと細分化できれば石油製品のゴミは、油にする事も可能、
また塩害に強い、菜の花、ひまわり、(菜種油、ひまわり油)が取れるほどのものですから塩害除去のためにも、塩害があった地域で栽培し、油を取り、茎は火力発電で燃やす、また放射能を含んでいたとしても、原子炉で使う濾過fぃルターを使えば良い訳で、単に被災地だけでなく、福島の処分しなければならないがれきをどうするか、考えた場合、高度な処理設備を福島に作るのが当たり前、福島のガレキを受け入れる県は無いでしょう、だったら安全に処理できる施設を福島に作るのが先決、民主当の連中はどうかしている、そもそも1面を経過しても、ソフトバンクと総務省の言うメガソーラはどこも着工していない、民間のメガソーラは幾つか作っていてそろそろ完成するというのに。

回答者:とくめい
回答日時:2012-03-30 20:30:32

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜5件/8件中
経費削減のためそうしたほうがいいです。ただ早めに解決して責任...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-04-06 13:01:03

この回答の満足度 ★★★★★
私もおかしいと思います。被害がないところにももっと被害を広げ...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-03-31 21:15:43

この回答の満足度 ★★★★★
そうです。被災地に造った方が、合理的で速いです。アホな野ブ...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-03-31 16:31:15

この回答の満足度 ★★★★★
現地処分が最も効率的であるのは間違いないですがさすがに220...詳細

回答者:dynoz
回答日時:2012-03-31 10:16:29

この回答の満足度 ★★★★★
本当にそう思いますよ。運搬費だけでも大変なんですから。それに...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-03-31 07:08:50

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ