Sooda!
 閲覧数:316
私は 今回の事件で、あの「和歌山ヒソカレー事件」を思い出しました。あの事件も「状況証拠」の積み重ねであの女は「死刑」が確定しました。・・・まだ執行されていないようだが・・・
しかし 犯行は認めない、死刑判決を言い渡されても「顔色」一つ変えなかった あのずぶとさ! あの女の心理状態はどうなっているのかサッパリ分かりません!
判決は前もって分かっていた。 という事なんでしょうか??
本当に真犯人が他にいるのなら、主文を言い渡された時に、「絶対に私は殺していない!!」と叫ぶのではないのでしょうか??

質問者:とく・めい\
質問日時:2012-04-14 21:17:41
カテゴリ:アンケート


↓↓現在集まっている回答 1〜5件/10件中
神経図太い女は顔色替えないでしょう普通じゃないから詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-04-15 21:03:48

この回答の満足度 未設定
和歌山の件は、誰か庇っているフシがある。邪推だけど。今回の件...詳細

回答者:孤独
回答日時:2012-04-15 14:30:06

この回答の満足度 未設定
顔色一つ変えなかった・・・そういう女だからこそ何人もの罪のな...詳細

回答者:見た目通りの人
回答日時:2012-04-15 10:03:39

この回答の満足度 未設定
嘘も付きとおせばそれが自信となって、本人には事実となんら変わ...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-04-15 07:51:07

この回答の満足度 未設定
証拠がなければ「犯罪」ではないとの確信の元に「犯行」に及んだ...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-04-15 00:32:38

この回答の満足度 未設定
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ