Sooda!
 閲覧数:96
死刑になった向井小隊長と野田副官ですが、その理由が日本人記者の書いた「百人斬り競争」の記事だというのを知っていましたか。この報道の真偽は未だに疑問とする説が有力のようですが、結局どうだったのか知っていますか。

質問者:にゃろめ
質問日時:2012-05-01 18:57:20
カテゴリ:知識・教養・学問>知識・学問>歴史・地理

ベスト回答
向井少尉は砲兵の小隊長、野田少尉は歩兵大隊の副官という立場であり、最前線で陣頭に立って指揮するわけでなく、到底敵兵を100人以上も斬れる立場の将校ではなく、「百人斬り競争」は新聞社が戦意高揚のために書いたデタラメ記事で、その記事を元に2人は戦犯扱いされて処刑されました。
戦意高揚のためとはいえ、デタラメな記事を書いて、そのために無実の者が処刑されて、その責任すら取らないマスゴミは最低です。
===補足===
記者が処分されたという話は聞きませんね。
報道した毎日新聞(大阪毎日新聞と東京日日新聞)は
当時の報道を事実無根と報道したことを否定しているので
誰も責任・処分はされていないと思います。

回答者:匿名
回答日時:2012-05-01 19:26:10

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
記者は処分されたのでしょうか。

百人切りは今も、記念館で展示されているようです。

↓↓その他の回答 1〜3件/3件中
100人ぎり競争 は、当時の異常な日本を物語ったデマだと考...詳細

回答者:匿名オンブスマン
回答日時:2012-05-05 22:41:53

この回答の満足度 ★★★★★
百人切り?そんなのでたらめです。詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-05-04 22:55:00

この回答の満足度 ★★★★★
真実はだれにもわからないと思います・・・・・詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-05-01 22:23:12

この回答の満足度 ★★☆☆☆
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ