Sooda!
 閲覧数:1511
「ワインと豆腐に旅をさせちゃいけない」という言葉があります。
「ワインを美味しくするには船旅をさせるとよい」とも言います。
どちらが真理でしょうか?
みんなへのお礼
ありがとうございます。

質問者:MEN'S NONNON
質問日時:2012-05-03 11:43:34
カテゴリ:知識・教養・学問>教養・マナー>一般教養・雑学

ベスト回答
《 ワインと豆腐に旅をさせちゃいけない 》
何かの漫画の中で、「豆腐は作ったら直ぐ食べた方が美味しい」 と云う事の例えの為に
この文句が出たと、聞いています。
・・・・・と云う事は・・・・・
「ワインは、栓を開けたらいつまでもそのままにしないで、その場で飲み切った方か良い」
との事ではと推察します。

《 ワインを美味しくするには船旅をさせるとよい 》
元々の経験から、船便でワインを出荷すると、熟成が早まるとの噂はありました。
そこで、確か10年位前に
フランスのネゴシャン(ワイン業者)が、実際にワインを船に乗せ、世界1周を行い実験しました。
結果は、
船旅をしなかった同銘柄のワインに比べ、熟成が進み口当たりが良かったとの事です。

● さてさて・・・・・

船旅の場合
気候・海流の変化や、赤道や氷山の横を通過したりする訳で、
急激な温度や湿度の変化はワインにとって良い筈はありません。
そこで勿論現在、
良心的な業者は、ワイン専用の、温度・湿度を管理出来るコンテナで運んでいます。
そして
船に乗っていると云う事は、いつも揺られていると云う事です。
それは、本来の意味での「マリアージュ」・・・
つまり揺れて攪拌される事で一層空気に触れ、熟成が進んだのか?
揺れる事自体が良い結果をもたらせたのか?
しかし
古酒なら、下手に熟成を早めると良い結果は得られませんし、
1970年代以前のワインの近代化が進む以前のモノや、現在でも手作りの銘醸ワインの場合、
オリが心配で、攪拌は避けたいと考えます。

又、上記のフランスのワイン業者は、どの様な状態で試飲したか分かりませんが
ワインは移動して直ぐのむと、旅の疲れが出てそのパワーを発揮しないとも言えます。
実際
ワイン持ち込み可のレストランを予約して、ワインを持参する場合
私は、最低でも2〜3日前にレストランにワインを届け、移動の疲れを癒す時間を作ります。

ワインではありませんが、
"La Tour d'Argent"に、「フォアグラの3皇帝風」と云うメニューがあります。
http://www.latourdargent.com/restaurant/la-carte/entrees
それは、パリ郊外の専用農場で陶器に詰めて、パリにも東京にも運んでいるそうです。
ドチラも何回か食べていますが、微妙に風味が違います。
http://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/tour/menu/alacarte.html
パリのお店でそれを尋ねてみると、
「全く同じ筈だけど、やはり飛行機で旅をする分疲れるのか、気圧の影響を受けるのかも・・・???」
と言っていました。

ワインも料理も、奥深くて考える程分からなくなります。

そうそう
安価なワイン限定ですが、
「栓を抜く前に、ボトルを上下にガシャガシャ振ってから飲んだ方が美味しい」
と云う話もありますよ!

回答者:paradis
回答日時:2012-05-03 22:39:02

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
ありがとうございます。
by 山岡士郎

↓↓その他の回答 1〜3件/3件中
一度封を切ってしまうと、早く飲んだほうがいいですが、未開封な...詳細

回答者:ローズ
回答日時:2012-05-03 21:05:33

この回答の満足度 ★★★★★
どちらも正しいと思いますよただ前者のワインっていうのは グ...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-05-03 17:24:43

この回答の満足度 ★★★★★
ものにもより、移動方法にも。日本酒 の、中には 富士見酒。...詳細

回答者:kingofitou
回答日時:2012-05-03 17:20:44

この回答の満足度 ★★★★☆
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ