Sooda!
 閲覧数:144
ヘリオスタットによる集光型太陽光発電、太陽熱発電は危なくないですか。
故障したとき、太陽の動きにより集光ビームが動きます。1/2の確率で集光ビームが地上を襲うような気がします。
同様にビームダウン方式の場合は集光ビームが地上を動き回るように思えます。

質問者:雲古
質問日時:2012-05-06 18:09:38
カテゴリ:知識・教養・学問>知識・学問>数学・サイエンス

ベスト回答
それはないでしょう。その熱密度は相当なものでしょう。ただ反射光を受けるのはかなりの地上高で角度はいつどんなときでも地上には向かわないはずです。またもし誤動作となれはば光は真上なりに反射するように安全策はこうじられるはずです。

回答者:匿名希望
回答日時:2012-05-07 10:43:58

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
うぅ〜ん。原発はエネルギーが巨大だから安全だ、みたいな、ような。
よくよく考えてみたのですが、何らかの故障で反射鏡がθずれると、集光ビームは2θずれるので、太陽が水平面からほぼ真上、つまり±80°、北東から北西(夏)まで、つまり120°動くのだから、どんなに地上光を高くしても、絶対に地上に集光ビーム攻撃が来ないというのは、幾何学的に無理じゃないのかな、と、思えてきました。
却って不安になったというのが率直な感想ですが、考える機会を与えていただき感謝申し上げます。

↓↓その他の回答 1〜1件/1件中
質問者様がどのような状態を想像しておられるのかよくわかりませ...詳細

回答者:通りすがり
回答日時:2012-05-13 12:36:34

この回答の満足度 ★☆☆☆☆
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ