Sooda!
 閲覧数:145
野球の内野ゴロのダブルプレー崩しのスライディングで
ベースとは関係の無い方向へ、スライディングを避けようとした野手に向かって
スライディングした場合(当然接触した場合も)、
一塁に送球しなくても守備妨害ではないのでしょうか?
こんな危険なプレーが認められるなら、打者が内野ゴロの際、
打者走者は一塁手に向かって走り、タックルしたり、足払いしても良いことに
なるのではないでしょうか?
みんなへのお礼
皆様ありがとうございました。
統一球がどうこうより、
こういう曖昧にされている部分を解説者なども
もっと指摘してもらいたいものです。

質問者:匿名
質問日時:2012-05-07 01:10:01
カテゴリ:趣味・エンターテイメント>スポーツ・アウトドア>野球

ベスト回答
ルール的に守備妨害ですね。
「一塁に送球できなかった」「送球すればアウトのタイミング」の場合に守備妨害を取られているケースを何度か見たことがあります(アマチュア野球かな?)。
プロでは見過ごされているケースが多すぎますが・・・。

>打者が内野ゴロの際、
>打者走者は一塁手に向かって走り、タックルしたり、足払いしても良いことに
>なるのではないでしょうか?

これに関しては、一塁はフォースアウトのみで駆け抜けが許されているのと、ラインの外側を走らなければならないというルールがあるので、そんなことする人はいないでしょう。した方がアウトになります。
ただ、たまに見かける一塁にヘッドスライディングするのって結構危険です。

回答者:tokumei
回答日時:2012-05-07 08:41:09

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜2件/2件中
はい 明らかに妨害です。しかし、見逃されることが多いです。正...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-05-07 01:56:43

この回答の満足度 ★★★★★
そのとうり妨害です 野手も演技がいりますー審判にアピール痛...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-05-07 01:37:58

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ