Sooda!
 閲覧数:164
TBSの東京マガジンをみていて、方針の考え方で、理解できなかったです。

埼玉県の所沢市で、S中学校にて、防音対策のために、エアコンをつけるという方針を藤本市長は、予算がないから、S中学校にはつけませんといっているようになしか思えませんでした。また、他に予算を使わせていただきますと発言していました。

騒音に関しては、何もできませんといっておいて、原発非稼動とごっちゃにして話していて、幼稚な意見だとしか思いませんでしたが、見た人はどのようにお感じになりましたか?

解決するべき課題は、騒音問題です。
その問題を解決するひとつの手段で、防音硝子、また、騒音でしめっきりにしても、真夏日の暑さで熱中症にならないための予防策でエアコンをつける必要があるという話なのに、原発が非稼動になる今、優先順位を下げて、エアコンつけませんなんて、通じるのでしょうか?

私は、他県のものですが、すごく指針もずれていて、所沢市の中学生がかわいそうなにしか思えませんでした。

考え方が分からないので、皆様のご意見も聞いてみたいです。

質問者:匿名希望
質問日時:2012-05-13 13:52:43
カテゴリ:子育て・学校>学校・教育>小・中学生


↓↓現在集まっている回答 1〜1件/1件中
私もみていましたが、自分の頃は我慢したって感じの老害に聞こえ...詳細

回答者:う〜ん、理解に苦しむ、です。
回答日時:2012-05-13 14:50:27

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ