Sooda!
 閲覧数:259
缶詰からセシウムとのグリーンピースの検査は信頼できるでしょうか。健康へは直ちに問題ないですか。

魚介類缶詰 調査概要

第2回、第3回の食品放射能調査で、サバの缶詰から放射性物質が検出されたことをうけ、魚介類缶詰について魚種とサンプル数を拡大し、集中的に調査しました。

鮮魚と異なり、缶詰製品は産地や魚種の表示が義務づけられていないため、この調査では国産を中心に産地が表示されていない缶詰も調査しました。
調査結果

35サンプルすべて、食品に含まれる放射性セシウムの基準値を大きく下回りましたが、サバを使用した缶詰3サンプルで放射性セシウムが検出されました。
最も高い数値は、さば水煮(日本水産株式会社)で1キログラムあたり4.3ベクレル、次いでさば水煮(株式会社極洋)で1キログラムあたり4.2ベクレル、さば味噌煮(伊藤食品株式会社)で1キログラムあたり4.0ベクレルでした。
商品情報は詳細結果PDFをご覧ください >>
この調査では、イワシ、サンマ、マグロ、カツオ、貝類、カニの缶詰からは放射性物質は検出されませんでした。

調査内容

調査期間: 2012年2月16日~3月18日
対象: 下記をふまえて35サンプルの魚介類缶詰を選びました。
福島第一原発事故以降に製造された商品
賞味期限が2014年4月以降である商品(賞味期限は製造日から3年後であることから)
太平洋側で漁獲された魚介類を使用している、もしくは国産の商品
産地の表示はないが、全国で広く消費されている商品(ツナ缶や蒲焼きなど)
購入場所: スーパーマーケット、コンビニエンスストア合計12社
購入地域: 福島県、宮城県、東京都、神奈川県、山口県の5都県
検査方法: 第三者機関で、ゲルマニウム半導体検出器を用いてヨウ素131、セシウム134、セシウム137について検査 第三者機関からの検査結果報告書>>
http://www.greenpeace.org/japan/ja/campaign/monitoring/fss5/

質問者:匿名
質問日時:2012-05-13 17:24:03
カテゴリ:美容・健康>健康管理>生活習慣・ヘルスケア

ベスト回答
信用できるのではないでしょうか。
日本では過激派のせいでイメージの悪いグリーンピースですが、こういう活動をしている人たちは過激派ではないですし、グリーンピースに限らず多くの人々が草の根レベルで放射能の測定をしています。この結果もとっぴな値ではないので、おそらくは真実そのままでしょう。

個人的にもイワシ、さんま、マグロなんかよりも鯖が怪しいと思っていたので、自然な報告だと感じます。

回答者:匿名
回答日時:2012-05-13 20:23:41

この回答の満足度 ★★★★★

↓↓その他の回答 1〜3件/3件中
健康影響は問題があるレベルの物ではないと思います環境保護団...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-05-14 01:16:08

この回答の満足度 ★★★★★
グリーンピースとは「反日勢力」ともいえるべき存在です。そ...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-05-13 22:00:59

この回答の満足度 ★★★★★
現実的な数値なんで信頼というか本当なんだと思います健康には影...詳細

回答者:sooda
回答日時:2012-05-13 17:26:07

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ