Sooda!
 閲覧数:113
ハヤシライスって友達が言ってたのですが、名前は中国人のリンさんが作ったからって言ってましたが、本当はどうなんですか?誰か由来とか出来たいきさつ何か教えてもらえませんか
みんなへのお礼
回答ありがとうございます

質問者:akio7860
質問日時:2012-05-16 16:00:10
カテゴリ:料理・グルメ>その他

ベスト回答
中国人の林(リン)さんではなく、日本人の林(ハヤシ)さん。
中国ではシチューやカレーといった煮込み文化が日本ほどすすんではいませんので
(現にカレーを食べる文化がない)
中国人説は可能性ゼロです。

ウィキに諸説のっていましたので転記します。

ハヤシライスの「ハヤシ」の語源については、以下のように諸説あるが、確実な定説はない。

ハッシュド(Hashed)・「はやす」説
ハッシュドビーフ・ウィズ・ライス(Hashed beef with Rice[1])が「ハッシ・ライス」あるいは「ハイシ・ライス」となり、それが訛って「ハヤシライス」となったとする説。
言語学者の楳垣実は自著の中で、古語(および古語の影響の残る方言)で「こまかく切る」という意味を持つ「はやす」という動詞[2]を取り上げ、英語のハッシュド(Hashed)がハッシ・ハイシなどと訛った上で、「はやす」との意味の類推から「はやし肉」などといった語が生まれたことによって、ハヤシライスになったのであろう、と述べている[3]。
これを後押しする証拠として、1908年発行の『海軍割烹術参考書』にドライハヤシとしてハッシュドポテトの調理法が書かれており、当時Hashedがハヤシと書かれていたことがわかる[4]。
早矢仕有的説
丸善創業者の早矢仕有的(はやし ゆうてき)が作る牛肉と野菜のごった煮に由来。医師だった早矢仕が作った滋養の強い入院食説、丸善で働く丁稚に対する夜食説、明治初期に早矢仕が友人に振る舞った料理という説がある(丸善広報担当:談)。発祥の節も参照。
林某説
洋食屋の店長の林がビーフシチュー(ハッシュドビーフ)とご飯を混ぜた賄い料理が起源。客による口渡りから全国区になった(林子平の姉の子孫が考案したと言う説もある)。
早死説
ハヤシライスは、四足の肉ということで牛肉が受け入れられていなかった時代、このような料理を食べていたら罰が当たる、「早死にする」ということから世間でハヤシライスと呼ばれはじめたとの説。
早い説
明治の日清戦争後に開けた大陸航路の港、門司港の栄町商店街にある大衆レストランが、船に乗る急ぎの客用にケチャップベースの「早いライス」、すなわちハヤシライスとして呼ばれたからという説。

回答者:Sooka!
回答日時:2012-05-16 16:41:30

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
詳しい解説ありがとうございます

↓↓その他の回答 1〜3件/3件中
林さんが作った説と、ハッシュド・ビーフを日本風に、、、っ...詳細

回答者:昔の。。。
回答日時:2012-05-16 16:31:20

この回答の満足度 ★★★★★
林(リン)さんが・・・説もありますね。(^^)実際のところは...詳細

回答者:洒落の分かるお友達ですね
回答日時:2012-05-16 16:05:31

この回答の満足度 ★★★★★
ハッシライスが語源 神戸で日本人が作った。詳細

回答者:えいやん
回答日時:2012-05-16 16:04:51

この回答の満足度 ★★★★★
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ