Sooda!
 閲覧数:76
外国人基本台帳2012年7月に変わるのですが、これでは、国籍が変わらなくても、アメリカで言う市民権に近いものがたった3ヶ月で取得できます。
総務省
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/zairyu.html
入管
http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact/newimmiact.html
法務省
http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/q-and-a_page2.html
在日外国人特権の真実
http://ameblo.jp/hourousya0907/entry-11157457672.html
生活保護不正受給に拍車
http://nanikorenews.blog.fc2.com/blog-entry-1428.html
さらにこの法律が実施されたら、日本の保護当ての外国人が増加する可能性が考えられます、何故、政府はこんな事をするのか教えて下さい、ご意見でも良いです。

質問者:何故、在日の為
質問日時:2012-05-17 18:21:43
カテゴリ:ニュース・時事>政治

ベスト回答
住民基本台帳に記載されるということだと思いますが、帰化と違いますし、市民権と言えるのでしょうか?

回答者:匿名
回答日時:2012-05-19 20:54:04

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
基本台帳だけでなく、国民健康保険加入、介護保険加入、国民年金加入が出来、6ヶ月以上の納付があれば、支給条件はクリアとなります。
これに民主党がやろうとしている、選挙権がはいれば、市民権に近いものになるとは思いませんか?
しかも帰化なら税金を支払わなければいけませんが、仕送りする(自国の口座に振り込む)のであれば税額15万円まで、税額免除(約年収800万円)、無論現在行われていて水源を守れと騒いでいるように、土地の購入も、家の購入も可能です、親戚に自国の口座から月賦で振り込めば一括購入より安く済ませることも可能です、日本の銀行でないので、後は市民権の違いってなんでしょう。

↓↓その他の回答 0〜0件/0件中
 
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ