Sooda!
 閲覧数:116
関西では昨年はあまり節電しなかったようですが、今年の夏は電力が足りなくなりそうで焦っていると聞きます。原発再稼動で乗り来るのではなく、火力発電所を大急ぎで作ればいいのではないでしょうか。そういう議論を聞いたことがありますか。関東では、昨年は急遽タイからガスタービン発電所をもらったりして対策しました。

質問者:れんげ
質問日時:2012-05-19 17:10:44
カテゴリ:ニュース・時事>地震・災害

ベスト回答
15%節電が必要って本当に思っているのですか。お人よしもいいとこって言うことになりますよ。

殆どの人が信じていません。特に関西ではね。

世論調査の66パーセントが信じていません。信じているのは16%の人だけです。

一般の人は馬鹿ではありません。政府や関電は関西を完全になめているって事です。

今年の寒い日原発が止まった翌日の2月21日に2,766万kWを記録したのですよ。

関西の人はこの電力をしっているから政府や電力会社を信じていないのです。

普通に考えれば冬に【2,766万 k W 実 績】として出たのだから夏にどれだは上乗せできるかが議論にならなければおかしいと思うでしょ。

関西の人は知っているのです。もちろん橋下市長も。そして政府も。

だから政府も、
「今回の決定では昨年夏に発動し今年も一時検討された、法的拘束力を持つ電力使用制限令の関西電力管轄での電力使用制限令の発動は取りやめとなり、関西・九州・北海道・四国電力における「電力需給がひっ迫した際に行われる、計画停電への準備」が進められることになる。

また、全般的な法的拘束力は(形式上)持たない「節電要請」は沖縄電力管轄以外の全管轄で、数値目標を定めた(やはり法的拘束力を形式上持たない)「数値目標付き節電要請」は関西(15%)・九州(10%)・北海道(7%)・四国(7%)・中部(5%)・北陸(5%)・中国(5%)(いずれも2010年比)電力管轄で行われる。特に需給ひっ迫度が高い関西・九州電力への融通電力を計上しやすくするよう、西日本の他電力管轄でも「節電要請」が行われ、余力の融通化を後押しする。」

と中途半端な(法的拘束力ない)節電方法になったのです。実行力(法的拘束力)がなければ目標を達成できないでしょう。

政府(民主党)としてはそれ(茶番)でよかったのです。各方面のメンツの為の節電要請なのですからです。

回答者:とも
回答日時:2012-05-20 04:47:17

この回答の満足度 ★★★★★
お礼コメント
面子に振り回されている場合なのでしょうか・・・。やらなければならないことは・・・

↓↓その他の回答 1〜5件/10件中
関電はちゃっかり、火力発電の復旧をしているCMをしてましたよ...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-05-22 12:55:20

この回答の満足度 ★★★★★
電力は足りると思います足りないと話している背景には 原発の再...詳細

回答者:匿名希望
回答日時:2012-05-22 03:32:05

この回答の満足度 ★★★★★
経産省も電力会社も実は「節電」をされると困る立場です。電力会...詳細

回答者:softan01
回答日時:2012-05-21 07:02:49

この回答の満足度 ★★★★★
原発をやりたい電力会社の脅しですけど、節電は節約にも通じます...詳細

回答者:不公平な停電は許せません
回答日時:2012-05-20 09:38:01

この回答の満足度 ★★★★★
火力発電所を大急ぎで作っても間に合わないと思います・・・・・...詳細

回答者:匿名
回答日時:2012-05-19 20:44:36

この回答の満足度 ★★★★★
 [#]次へ
この質問を友達に教える
→ヘルプ
ほしい情報が見つからないときは
新しい質問をする

↑このページのトップへ
TOP マイページ ヘルプ